恵比寿日和

2020年

初候

  第ニ十五侯「蜥蜴生まれ出る」

  近所の公園で、食べごろの桑の実がたわわに実っていました。

  子どもの頃、下校途中に友達とよく食べたことを思い出して懐かしい気分に。
  今の子は桑の実を食べた事あるのかしら。

  101243458_2923711047747076_4948313202761924608_o.jpg


次候

  第二十六侯「草の中から蛍生じる」

  ユニットの木々を掻き分け掻き分け、1mほど伸ばして花を咲かせたオカトラノオ。
  誇らしげに咲いています。

  104101985_2935361306582050_947343779719117959_n.jpg

  103658092_2935361326582048_1100349108991518725_n.jpg

  第二十七侯「梅の実黄ばむ」

  梅雨のこの時期は剪定のシーズンでもあります。
  今日は品川の「ベランダ森」をお手入れ。
  お隣りのマンションの目隠しに置いた里山ユニットも、4年目を向かえ、
  こんもりとしてきました。

  剪定枝は、束ねて生けるとお部屋の中が、涼やかになります。

  104485142_2950250821759765_7576765334327312860_n.jpg

  104408493_2950250928426421_1189347974012994046_n.jpg

  102559949_2950250958426418_3055206131005422914_n.jpg

  102666331_2950250838426430_4567725347877149506_n.jpg

初候

  第ニ十ニ侯「繭起きて桑を食む」

  合羽坂テラスの里山ユニットのウツギも見頃になりました。

  97138356_2887287734722741_8183149494842425344_o.jpg

  97817963_2887287854722729_8961017146444349440_o.jpg


次候

  第二十三侯「紅花盛んに咲く」

  初夏、テイカカズラが満開です。

  101000586_2900255193425995_8485132227426910208_n.jpg

  101003680_2900255213425993_2009565973178220544_n.jpg

  99012804_2900255286759319_5470191891465109504_n.jpg


末候

  第二十四侯「麦の穂みのる」

  雨もよいの日が多くなってきましたね。
  一雨ごとに緑が深くなる季節です。

  出がけにふと足元を見ると紫陽花が。
  大輪でないけれど、他の植物たちと押し合いへし合いしながらとても健気。

  微笑ましい気持ちで出勤。

  101543197_2917603361691178_7199896790613622784_n.jpg

初候

  第十九侯「蛙鳴き始める」

  2階から窓の外を眺めていたら、
  クヌギやコナラの木の下で咲く
  キンランを見つけました。
  慌てて降りてみると、
  ギンランやホンチャクソウも。
  こんなに近くに咲いていたなんて、
  今まで、気づきませんでした。

  96091486_2850034071781441_7861957894688735232_o.jpg

  95597052_2850034258448089_705013173626863616_o.jpg

  95699749_2850034308448084_3252681559072833536_o.jpg


次候

  第二十侯「蚯蚓、地上に這い上がる」

  秋には橙色の実や赤く綺麗な紅葉を見せるニシキギ、花はあまり目立たない黄緑色。

  96751995_2863310513787130_8210708650713415680_n.jpg


末候 

  第二十一侯「筍生じる」

  自宅にこもっている間にガマズミが満開です!

  レースのような花。秋の真っ赤な実も可愛らしく、果実酒にも使われます。

  99132008_2882836335167881_7371948172559515648_n.jpg

初候

  第十六侯「葦の芽、伸び始める」

  今日はまた雨。
  昨日は大雨のあとの気持ちの良い晴天。
  あまりの気持ちよさに、
  ベランダから写してみました。

  93356876_2814026302048885_3335998122114416640_o.jpg


次候

  第十七侯「霜やみ苗が育ち始める」

  合羽坂テラスの花々。
  こんな時だからこそ、変わらない自然の摂理に癒されます

  95127193_2826574674127381_1911761832612200448_n.jpg


末候

  第十八侯「牡丹の花が咲く」

  ベランダの里山ユニットの緑がもりもりしてきました(嬉

  Stay Homeのゴールデンウィーク。
  「もりもり」とか、「元気 」とか、いいなぁ、と眺めています。

  若葉が萌えて重なる様子を「結び葉」といいます。
  小さな葉と葉が仲良く手を結んでいる様子から、こんな言葉が生まれました。
  私たちも手を携えて、今しばらく!

  95887456_2839281399523375_180646642297339904_n.jpg

初候

  第十三候「燕来る」

  二十四候では「清明」
  寒さもすっかりやわらいで、
  様々な花が咲き乱れ、
  万物がすがすがしく美しい季節。という。「清明」、美しい言葉ですね。

  外出自粛という状況のなか、
  少しばかりうちの近所の春をおすそわけ。

  92066998_2780856095365906_8970785237810282496_o.jpg

  92409406_2780855892032593_4204553179242692608_o.jpg

  91894573_2780855938699255_1560194295300882432_o.jpg

  92244078_2780856082032574_7776391155331104768_o.jpg

  91919113_2780855815365934_875500599066492928_o.jpg

  92210387_2780855975365918_5937003936882884608_o.jpg

  91805611_2780856032032579_6055165728510705664_o.jpg


次候

  第十四候「雁、北へ帰る」

  夜ふと空を見上げると、月と桜が綺麗でした。
  今年も合羽坂テラスの里桜「一葉」が満開です。

  92467607_2789942074457308_10519199541624832_n.jpg

  93100178_2789942094457306_6712282169881919488_n.jpg

  92543854_2789942131123969_8105670707184140288_n.jpg


末候

  第十五侯「はじめて虹がみえる」

  今年の桜くらい花が綺麗に見えたことはない、そんなメッセージを添えてメールマガジンを
  お届けしましたら、何人もの方が身近な桜の写真を送ってくださいました。

  前候でご紹介した、オフィスの前庭の里桜が、ちらりほらりと散りはじめました。

  散る桜残る桜も散る桜

  草木が生命の摂理を教えてくれているようにも思えます。
  一日も早く世の中を降りこめる雨があがって、虹がでますように。

  93173436_2800935893357926_2328552210704629760_n.jpg

初候

  第十侯「雀、巣作りを始める」

  春が来ました。

  90254066_2750750201709829_1700226077579804672_o.jpg

  90137390_2750750858376430_5476844928950599680_o.jpg


次候

  第十一侯「桜咲き始める」

  昨年「5×緑の学校」で講師をお願いした山本紀久さんと君津で花逍遥。
  暖冬の今年は開花が早く、桜が満開で綺麗でした。

  「桜は遠く、梅は近く」と、鑑賞の仕方を教えてくださったのは、山本さんですが、
  ヤマザクラの古木は、黒々とした幹や枝と赤い若葉、そして花のつくる姿形が見事です。

  よく知られているようにソメイヨシノは江戸後期にできた園芸種。
  花が散ってから葉が展開します。
  野生種で昔から山々を彩ってきたヤマザクラは、花と葉が一緒に出ます。
  そういえば、日本画の桜の多くは花と葉が描かれていますね。

  90545389_2759416357509880_3466622135013736448_n.jpg


末候

  第十二候「雷が鳴り始める」

  里山ユニットがうちに来て3度目の春。
  3月の初め、春の訪れと共に咲くピンクの花、ウグイスカグラ。
  葉が出る前に咲いてた花が、今年は葉だけが繁っていく。。数日経ってひとつ、
  ふたつとピンクの蕾がふくらんで、咲いてくれました。
  やっとうちにも春が訪れました。

  91666089_2770883036363212_4182117305175506944_n.jpg

国内の養蜂家が飼育しているミツバチの98.9%がチヂレバネウィルスなどの感染症に罹患していることが日本養蜂協会の調査でわかったのだそうです。
その養蜂家の方は「自然界では考えられないほどの密度で巣箱を密集させ、病気にならないよう予め抗生物質を与え、単一の植物を採蜜させる、そんな効率重視の養蜂を続けた結果です」と語り、現下のコロナ禍と重なって見えて仕方がないとおっしゃっていました。

チヂレバネウィルスに感染した蜂は、羽が縮れて働けず、やがて巣箱で形成されていた蜂社会は崩壊するのだそうです。

そんなお話を聞いた直後に、協生農法を研究されているソニーCSLの船橋真俊さんのこんな投稿に出会いました。
5×緑では、協生農法の都市での実験を少しだけお手伝いしたことがあり、この考え方に関心を寄せていましたが、農業を通した文明論にますます興味が湧きます。

「表土とウィルス」と題された論考です。
「COVID-19が生まれてきた理由に見え隠れする文明と自然を再び寄り合わせる鍵」をみつけることができるかもしれません。

https://synecoculture.org/blog/?p=2640

P3070283-890x500.jpgのサムネイル画像
写真はSyneco blog

初候

第七侯「土の中の虫、戸をひらく」

3月を迎え里山ユニットづくりに
よい季節になりました。
今日は里山ユニットの圃場にきました。

7-1.jpg

7-2.jpg

次候

第八候「桃の花ほころぶ」

ツワブキの綿毛
新芽が膨らみ始めた合羽坂テラス、ふと傍でツワブキの花のあとの綿毛が、今にも種を飛ばそうとしているようでした。

8-1.jpg

8-2.jpg

末候

第九侯 菜虫、蝶と化す

いよいよ春も本番の気配。
一月の「第六十九侯 雉、鳴く」の侯で、「冬芽に春の萌しをみつけるのが、この時期の楽しみです」とご紹介したクロモジの冬芽(写真左)も、今は花芽が開いてこんなです。

9.jpg

初候

第四侯「土脈潤い起こる」

「つちのしょううるおいおこる」
春の雨が大地を潤い始める頃。
日当たりのよい畑の土手には、
一面オオイヌノフグリの可愛らしい花が咲いていました。

4.jpg


次候

第五候「霞始めてたなびく」

この暖かさで草木が急に動き出しています。
虫も啓蟄を待たずに動き出しています。
暖かさに誘われて散歩をしてると、足元にはハコベとコスミレが咲いていました。

5.jpg


末候

第六侯 草木萌え動る

今年は本当に春が早いことを実感。 

下北沢の街中におかれた里山ユニットにシャガの花をみつけました。
いつもは5月くらいに花を見る事が多いのですが。
ユキヤナギも開花して、駅前の雑踏に一早く春の到来を告げています。

6-1.jpg

6-2.jpg

6-3.jpg

初候

第一侯「東風(こち)、氷を解く」

合羽坂テラスの庭にも春が。。。
今日は立春です。

1.jpg


次候

第ニ候「うぐいす鳴く」

ナツグミの冬芽、まだぎゅっと口を結んでいますが、春はすぐそこ!うぐいすがご近所のお庭にやって来て、冬芽がほころび若葉になる日も近そうです。

2.jpg


末候

第三侯 魚氷に上る

里山ユニットのなかの春隣。
蕗の薹、緑の袖で顔を隠すようにして愛らしいこと。

3.jpg

ロックバンド「鹿の一族」がめちゃくちゃカッコ良かったレセプションでした。

下北沢の駅前に銅板を纏って出現したシモキタフロント。
5×緑は、光栄なことに3階から屋上までのテラスと足元の緑のお手伝いをさせていただきました。

ビルの落成式や内覧会というと、形式ばっていたり、ビジネス寄りだったりしますが、そんな定型をあっさり無視している感じが小気味良く、DJブースから音楽の流れる部屋に、和装の老婦人から耳にピアスの若者まで雑多な人が集まったのも、シモキタらしいのでした。

会場は1975年にできた「下北沢ロフト」が40年ぶりに戻ってきたと話題のビル地下「Flowers Loft」。
ロフト創始者の平野悠さんがステージに上がって、ちょっとヤンチャに祝辞(?)をされたのも楽しかった。

バンドあり、ダンスパフォーマンスあり、トークセッションあり。駅前のビルがこんな感じなら、サブカルの聖地も安泰な感じのシモキタ ナイトでした。

「鹿の一族」のCDとライブチケットまで買ってしまった。
CDプレイヤーないのに。
彼らの音楽を聴くためにプレイヤー買わなきゃ、です。

IMG_0231.jpg

IMG_0214.jpg

IMG_0219.jpg

IMG_0221.jpg

IMG_0240.jpg

初候

第七十侯「ふきのとう、咲く」

二十四節気の大寒です。

合羽坂テラスの植物たちも
冬芽を少しづつ膨らませて春の準備をしています。
そんな中、落葉樹のコナラやクヌギは茶色い葉をつけたまま。
それは、コナラやクヌギはブナ科の樹木で、ブナ科の祖先が熱帯の常緑樹だったためのようです。

70-1.jpg

70-2.jpg


次候

第七十一侯「水沢、氷を張る」

桜の根元に作られているバイオネスト。
選択除草に通って5年が経ちますが、もうすでにここにありました。
落ち葉や草を細かくして、それを分解して堆肥になるわけですが、この桜は恩恵を受けてとても元気になったそうです。

71.jpg


末候

第七十二侯 鶏、はじめて卵を抱き始める

二十四節気 七十二侯も一巡り。
「東風(こち)氷を解く」立春もすぐそこです。

三寒四温という言葉が思い出される今日この頃。元々は、厳しい冬の中にわずかに寒さの緩むのを感じ取る心を言ったようですが、昨今の寒暖差は大きすぎて、そんな繊細な感受性はおいてけぼりにされてそうです。

三寒の四温を待てる机かな 石川 桂郎

72.jpg

初候

第六十七侯「芹、盛んに育つ」

昨日、初詣へでかけた神社で、
「梯子乗り」をやっていました。
お正月らしいですね。
お正月といえば、明日は「七草」。
一年の豊作や無病息災を祈って
「七草粥」を食べなくっちゃ。

67.jpg


次候

第六十八侯「地中の清水、動き始める」

アワゴケ(泡苔)
枯葉の中に緑色が無数に散りばめられてとても綺麗でした。
12月28日の選択除草より

68.jpg


末候

第六十九侯 雉、鳴く

この季節、植物はしーんとしているようにみえますが、冬芽は膨らんできています。
冬芽に春の萌しをみつけるのが、この時期の楽しみ。 
写真はクロモジの冬芽で、細長く巻いているのが葉芽、横からのぞいている丸い粒が花芽だそうです。

昨年、森づくりフォーラムでの和ハーブ協会さんのセミナーで、クロモジは和ハーブを代表する植物で、お酒に入れて良し、お風呂に入れて良し、香りも高く、殺菌力に優れている、と教えていただきました。

以来、クロモジをちょっと贔屓しています。

クロモジ.jpg

初候

第六十四侯「夏枯草、芽を出す」

寒い一日になりました。
庭の様子も寒々しいので、
いわさきちひろの「冬の画集」から。

64.jpg


次候

第六十五侯 大鹿、角を落とす

年の瀬。
廻り年の干支飾りを仕舞う。

毎年、正月に家に帰ると、小さな庭には水仙が咲いていて、干支の置物のそばにはいつもこの花が飾られていた。

あれは干支が羊の年だった。
母が干支飾りを仕舞いながら、何気なく「これを飾ることはもうないやろう」と呟いた。
それから十年母は元気でいたが、羊年を再び迎えることはなかった。 

母の言葉は穏やかで、ふと思いついたことを口にしただけのようだった。
障子越しの冬の日差しが老いた背中を温めていた。
部屋にはほのかに水仙の香りが漂っていた。

65.jpg


末候

第六十六侯 雪の下で麦の芽のびる

明けましておめでとうございます。

赤い実のものは縁起が良いとされて、お正月によく飾られます。

藪柑子の内に水を含んだような艶やかな赤も美しいですし、南天の漆のような赤も好きです。
そして、千両は神社の社殿や鳥居の朱色。
誠に晴れやかなおめでたい赤だと思います。

66.jpg

初候

第六十一侯 「天地寒く、真冬となる」

寒くなりました。

我が家のユニットは、
落葉樹の葉っぱがほとんど落葉して、
真冬の様子に変わりました。
庭も寂しくなりましたが、
ツワブキの花だけは健気に咲いています。

61.jpg


次候

第六十二侯「熊、穴にこもる」

ヒヨドリジョウゴの種です。
今年は花がたくさん咲いたので、実もたくさん成りました。

62-1.jpg

62-2.jpg


末候

第六十三侯 鮭、群がって川を上る

街路樹の代表格といえばイチョウ。
東京では過酷な環境によく耐える木としてたくさん植えられた。ハナミズキに抜かれるまでは一番数も多かった。

都心の秋の風景にイチョウ並木は欠かせない。
最近では、枝の根元からぶつ切り剪定をされた哀れな姿もよく目にする。
落ち葉や銀杏の匂いに苦情があるのは容易に察せられるのだけれど。 

でも、やっぱり人はイチョウのアーチを綺麗だと思うんだな。
見上げて歩く、
カサコソ落ち葉の音は心楽しく、
男の子が舞い散る葉っぱを捕まえようと、ぴょんと飛び跳ねた。

63.jpg

初候

第五十八候「陽射しが弱まり、虹を見なくなる」

あきるの市のお寺で見つけた
イチョウの大木 2本。
見事な紅葉です。

58-1.jpg

58-2.jpg


次候

第五十九侯「北風、木の葉を払う」

一気に寒くなった今日この頃、 北風がうちの柿の葉を払っています。
真ん中にあるのが里山ユニット。落ち葉に埋まってしまいました(笑)。

59.jpg


末候

第六十候 「橘、はじめて黄ばむ」

合羽坂テラスも晩秋の趣です。

写真はシェアオフィスの仲間が撮ってFBにあげていた1枚。
「綺麗だな」と思った彼の瞬間の気持ちが表れているようで、写真をお借りしました。

陽に葉が透ける、雨にあたる、風にそよぐ、手前味噌のようですが、思わず見惚れる瞬間があります。
人生が手元に戻る瞬間です。

60.jpg

初候

第五十五候「山茶花、はじめて咲く」

季節は初冬へ。
合羽坂テラスのご近所で、
山茶花の蕾をみつけました。

55.jpg


次候

第五十六侯「大地、はじめて凍る」

合羽坂テラスもいよいよ色づき始めました。
カキ、コマユミ、テイカカズラ、ケヤキなど

56.jpg


末候

第五十七候 金盞香(きんせんかさく)

金盞香は、水仙のこと。
真ん中の黄色い冠が、金色の盃のようなのでこの名があるとか。
うちのはこんな。 

57.jpg

初候

第五十二候「初霜が降りる」

富士山はじめ山から雪の便りが届き初めました。
「あれ? 秋は?」
今年は秋を感じる間もなく、冬になってゆくように感じます。

毎年この時期に尾瀬へでかけています。
人気の少ない晩秋の尾瀬では、季節の移ろいを実感します。

写真は尾瀬で見たズミの実。
ズミは「酢実」とも書くそうで、
実は酸っぱくて食べられないらしいです。
鳥も遠慮するほどなんですね。
そのおかげで、美しい風景を見せてもらえました。

52.jpg


次候

第五十三侯「小雨、時々降る」

「山本さんと気ままに歩く野川公園、深大寺」
キンモクセイの花が満開の中、香りがに包まれた散策になりました。深大寺には大きなキンモクセイがあって、庭木にある刈り込んだキンモクセイしか知らなかったので、見上げるキンモクセイは初めてでした。樹齢200年だそうです。
キンモクセイのお話をしましたが、今回の写真はギンモクセイです。新小金井駅近くにある公園に咲いていて、小雨を浴びてキラキラかがやいていました

53.jpg


末候

第五十四候 楓蔦黄(もみじつたきばむ)

秋の花が咲き終わって、花の少ない時期に目を楽しませてくれるホトトギス。
里山ユニットにもよく植えます。

名前の由来は、花弁の紫の斑紋が鳥の杜鵑(ほととぎす)の胸の模様に似ているからだそうですが、あまり似ていないという人も、

杜鵑は夏を告げる鳥と言われています。
ちなみに冬を告げるのは真鶸(まひわ)。
立冬はもう直ぐそこです。

54.jpg

初候

第四十九候「北から雁がやってくる」

今週から、朝晩やっと過ごしやすくなりましたね。
暑い暑いと言いながらも、家の前の桜並木の葉は、黄色く色づいてきました。
ムラサキシキブの実も綺麗に色づいて、季節が変わってきたことを教えてくれています。

49.jpg


次候

第五十侯「菊の花、咲く」

台風19号の被害が広範囲に出ています。
被害にあわれた方々に、心よりお見舞い申し上げます。

キバナアキギリ シソ科
山地のやや湿り気のあるところで見られるそうです。
少し前まで満開でしたが、大分散ってしまいました。
ポットのまま合羽坂で過ごしていましたが、もうすぐでお嫁入りだそうです。

50-1.jpg

50-2.jpg


末候

第五十一候 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)
秋の虫が鳴き始める頃。
といっても原っぱのなくなった街では、スズムシもウマオイもとんと声を聞かなくなりました。

今日歩いた野川公園にはチカラシバの草地があったり、川辺りにはオオバコやオヒシバの道があって、ハグロトンボやヤマトシジミなど、今ではほとんど見かけられなくなった虫たちの姿を見ることができました。 

オオバコは踏み跡植物。踏圧が強く他の植物が生きにくい場所に根を下す戦略をとっているようです。
あまり踏みつけるとかわいそうなようですが、
軸にならんだ実は、踏まれることで上半分の蓋が外れて、中から種が出る構造をしているそうです。
外に出た種は人の靴底に付いて広がります。
しかも、種は増粘多糖類のコートを着ていて水に濡れるとゼリー状になり、靴や車輪にくっつきやすくなります。
このゼリー状の物質はダイエット食品にも利用されているとか。

ちなみにオオバコの学名Plantago asiaticaは、ランドスケープ アーキテクトの田瀬理夫さんの事務所名の由来です。

51.jpg

初候

第四十六候「雷、声を収む」

センニンソウの花。
花後の種子が白いひげをたくわえた仙人の趣があるのでこの名がついたようです。

今年は花の時期が遅いように思います。

46.jpg


次候

第四十七候「虫かくれて、戸をふさぐ」

濃いピンクに白いヒゲ(花柱)の姿が愛らしい、ミズヒキの果実。
実は、蕾だと思ってました。

47.jpg


末候

第四十八候 ・水始涸(みずはじめてかるる)
稲刈りをするために田んぼの水を抜く頃。

老舗の組紐屋さんの読み物で、半色(はしたいろ)という色の名前があることを知りました。

平安時代、濃い紫は身分の高い人にしか許されない禁色でしたが、浅い紫は許し色でした。
半色は、濃い紫と浅い紫の中間の色。

元々の語彙は、何の色だか判然としない曖昧な色のことだったそうですが、紫の人気が高くて、紫色に定着したのだとか。
人々の紫への憧れが垣間みられます。

里山ユニットでは、萩の花が咲き始めました。

48.jpg

初候

第四十三候「草に宿った露が白くなる」
朝晩は秋らしくなってきました。

43.jpg


次候

第四十四候 「鶺鴒(セキレイ)、鳴く」

少し前から咲いていたヒヨドリジョウゴ。
台風に煽られながらも、頑張って持ちこたえてくれました。

44.jpg


末候

第四十五候 玄鳥去(つばめさる)
春に渡ってきた燕が南へ帰っていく様子を「秋燕」と言うそうです。

今朝商店街を歩いていて、海苔屋が店を閉じてしまったことを知りました。
いまどき海苔だけの店なんて珍しいとも思わぬほど、気の良さそうな老夫婦が海苔やら煎餅やらを商っていた風景は日常の中に溶け込んでいました。
だからでしょうか、一瞬虚を衝かれたように胸に痛みを感じました。

ここに越して干支が一巡りもする間に、この店で買い物をしたのは二、三回だと思います。
什器も持ち出されてしまって空っぽの店の前で、わずかしか買い物をしなかったことを、なんだか悪いことをしたような申し訳ない気持ちになりました。
無くなっても困らない店。
それでも通い慣れた商店街の風景になくてはならない店だったような気がします。

この商店街に巣をつくっていた燕が来なくなってもう何年経つでしょう。
身に馴染んだ小さな風景が失われてゆく秋。

ベランダの小さな里山ユニットで変わらぬ季節を過ごすガマズミが、初秋の日差しを浴びて実を赤く装いはじめていました。

45.jpg

初候

第四十侯「綿のなはしべ開く」

綿を包む「柎=花のがく」が開き始める頃だそうです。
合羽坂テラスに先日仲間入りした30cmユニット。
ヤブランの花が残暑にも負けずキレイに咲いています。

40.jpg


次候

第四十一候「天地の暑さ、ようやく鎮まる」

本当に、ようやく暑さも鎮まってきました。

8月も半ば、まだ夏の盛りでミンミンゼミが合唱する中、選択除草に行ってきました。
緑がモリモリで、選択除草をするのは結構大変。
クルマバナ、カントウヨメナ、ゲンノショウコが花を付けていました。
最後はバッタをパチリ。

41-1.jpg

41-2.jpg

41-3.jpg

41-4.jpg

41-5.jpg


末候

第四十ニ候 禾乃登(こくものすなわちみのる)
稲穂の実る候。
暮らしの基本が農事の巡りだった頃の人々は、この季節をどんなに心待ちにしていたことだろう、と思います。

写真は遠野の田んぼの様子です。
今年は夏の長雨で冷夏の被害が心配されましたが、初めて遠野を訪れたのも、記録的な冷夏の年、1993年でした。

その時、畦道で出会ったお百姓さんと、なんのきっかけだったのか言葉を交わしました。
米の不作を語る苦しげな表情を今も覚えています。

あの頃よりも気候の変化は更に激しく、劇的になっています。
佐賀の米どころで、今年も実りの喜びを分かち合えるのかーあの時の遠野のお百姓さんの顔が浮かんできます。

42.jpg

初候

第三十七侯「かすかに涼風が立ち始める」

立秋です。
あまりの暑さに忘れてしまいそう。

今日、合羽坂テラスに初夏に造ったユニットが仲間入りしました。

緑が初々しくって、可愛らしい。
3年ほど経つと隣のような緑になります。

合羽坂の森から。

37-1.jpg

37-2.jpg


次候

第三十八候「蜩(ひぐらし)鳴き始める」

近所でフジの花と豆を見つけました、
同じ時期に花と豆を見たのは初めてです。
花は食べられるそうですが、豆は毒性が含まれているので食用に適してないそうです。美味しそうなんですけどね。

38-1.jpg

38-2.jpg


末候

第三十九候 ・蒙霧升降(ふかききりまとう)
秋の霧がに立ち込める候。

出番を待つユニットに撫子の花が咲きました。

気がつけば立秋。
お盆を過ぎて、さしもの暑さも少しずつ和らいできたようなこの頃です。

39.jpg

初候

第三十四侯「桐の花、実を結ぶ」

今日も夕立。いよいよ梅雨が開けそうですね。
写真はできたばかりの「屋上の小さな森」。隣には、日除け付きの「シキミの畑!?」も。大きく育てよ〜。

34.jpg


次候

三十五侯「土潤いて、蒸し暑し」

真夏のような青空が見えても、
まだ梅雨が明けてない新宿の
合羽坂テラスの面々です。
ムベ、ガマズミ、ニシシギ、リュウノヒゲ

35.jpg


末候

第三十六候 大雨時行(たいうときどきふる)
夕立、夏空、入道雲。

大宮のベランダにお届けした里山ユニットには桔梗が咲いていました。
この花が絶滅危惧のレッドデータに入ったのはいつからでしょうか。

秋の七草。一番身近にいてくれたはずの花。
思えば私たちのささやかな里山支援は、「桔梗が絶滅危惧の時代に私たちに何ができるのか」と問うところから始まったのでした。

遅い夏が始まったばかりなのに、立秋の声はすぐそこです。

36.jpg

初候

第三十一侯「梅雨が明け、熱風が吹き始める」

今日は七夕。
あいにくの雨ですが、七夕の日に降る雨を「催涙雨 (さいるいう)」と呼ぶそうです。これは、再会が叶わなかった織姫と彦星が流す悲しみの涙になぞらえているんですって。

写真は沖縄「ビオスの丘」のゴミ箱達。
田瀬さんの発想はやっぱり凄い!

31-1.jpg

31-2.jpg


次候

第三十二侯「蓮の花、初めて咲く」

蓮ではないのですが、ビオスの丘の紫の睡蓮。
本当はもっと綺麗な紫でした。

32.jpg


末候

第三十三候 ・鷹乃学習(たかすなわちがくしゅうす)
鷹の雛が巣立つ候。

ベランダから梅雨の晴れ間。
合歓の木越しに久々の青空がのぞく。

33.jpg

昨夜、下北沢にあるダーウィンルームのセミナー「植物の惑星」にお招きいただきました。

タイトルからして既に魅惑的!なのですが、交わされる言葉も、ダーウィンルームの空間も、心地よくて、好奇心が伸びやかに動き出す、そんな体験でした。

まず、この連続講座のキュレーターの関橋知己さんが、地球上の生命の歴史を俯瞰、ぐーっと視野が広がったところで、生物生態学の研究者でアマゾンで活動されている池田威秀さん、東大大学院 総合文化研究科で科学史などを研究されている鶴田想人さんからお話がありました。

池田さんは、アマゾンには一説によると390000000000本の木があり、16000種の植物がある一方、1年に四国の1.5倍もの熱帯雨林が消失している、とお話されました。
「私たちは生態系について殆ど知らない」という言葉が印象的でした。

鶴田さんは、伊東俊太郎さんの「文明と自然」という本を紹介してくださり、人類が第一の人類革命から第五の科学革命という5つの変革を経験してきたこと、そして今、川北稔さんの「世界システム論講義」では第六の革命として環境革命の到来が挙げられていることを教えてくださいました。
植物の生の哲学は人間の在り方を変えるモデルになりうるというお話は刺激的でした。
ダーウィンルーム代表の清水隆夫さんは、1940年代以降を人類が環境や地質に大きな影響を与えたとして、地質学的にそれまでと分けて「新人世」と名付けられたことを話題に、文明のあり方について言及されました。
清水さんがダーウィンルームを Renaissance of Liberal Art と呼ばれる意味がとても腑に落ちる一夜の学びの場所でした。
これからの講座が楽しみです。

ページの先頭へ戻る