恵比寿日和

またまた嬉しい続報が届きました!
暑い夏を乗り越え、どんぐりたちは順調に育っているとのこと。
新しい葉の緑が瑞々しいですね。

220902_中川さんどんぐり.jpg 220902_中川さんどんぐり2.jpg

以前のお便りはこちら
https://www.5baimidori.com/blog/202207-post-345.html
https://www.5baimidori.com/blog/202111-post-324.html

馬頭の森のギボウシ

IMG_8379s.jpg

これは、5×緑で林床管理などを応援している栃木の馬頭の森からやってきたギボウシです。

今年は梅雨がありませんでしたね。
6月にいきなりあけて、猛暑に襲われました。
そのはざまに出張に出ておりまして、戻ってみるとギボウシの葉が茶色くなってチリチリにー涙。

急いで水をあげながら、今年の花は諦めねばと思っていました。
が、 猛威を振るう炎帝を耐えて花を咲かせてくれました。
生き物として尊敬します。

土用照りが身体に堪えるこの頃。

暑い昼のさなかに職人が軽く昼寝をすることを三尺寝と呼んだりするそうです。
三尺ほどの狭いスペースにごろりと横になって一休みする光景に、木陰、手ぬぐい、風鈴、麦茶、と夏の風物が重なります。

テラスを訪れる虫たちも葉影に入ってひと涼みです。

294348554_5176801745771317_8492151957888270122_n.jpg

写真:新宿 合羽坂テラスから 撮影 masacoさん

今宵は星祭。七夕の夜です。
星を見上げることも少なくなりましたが、今夜は織姫星を探してみてもよいかもしれません。

よく見るとテラスは花の季節を過ぎ、樹々たちは実を結びはじめています。

292324997_5132167836901375_3601387730786364715_n.jpg

写真:新宿 合羽坂テラスから 撮影 masacoさん

「暑いですね」が挨拶がわりになったようなこの頃。
夏至の間に梅雨が明けるとは、、、です。

合羽坂テラスの里山ユニットの一つには水鉢が入っていまして、この辺りで遊ぶ鳥の姿がとみに増えました。
メジロも一羽。
木陰のプールで涼んでね。

291605244_5123809094403916_1545121261467126983_n.jpg

写真:新宿 合羽坂テラスから 撮影 masacoさん

植物が最も勢いを増す季節。葉影は濃くなり、テラスではエゴノキが実を結びました。

まだまだ梅雨のさなか。鬱陶しい時期ですが、元気な植物を見ていると心は晴れてきます。

289032747_5087990701319089_800827887311997925_n.jpg

写真:新宿 合羽坂テラスから 撮影 masacoさん

「芒種」の「芒」は「禾(のぎ)」とも訓み、イネ科の植物の穂先の針のような突起を指しているそうです。
田植えの季節でもあり、日増しに梅雨の気配が濃くなる季節。関東は今日梅雨入りしました。

テラスの緑も、若葉から一段緑の深さを増しました。
シモツケの花が咲くのもこの季節です。

286403833_5046355402149286_5324182791754202322_n.jpg

写真:新宿 合羽坂テラスから 撮影 masacoさん

春のはじめは黄色い花、この時季は白い花が増えるように思います。

テイカカズラ、エゴ、バイカウツギ、シロバナヤマブキ、ガマズミ、シャリンバイなどなど。合羽坂のテラスにも白い花々が次々と♪

白い花は新緑に生えて清々しいですが、甘い香りを放つものも多く、虫たちを誘っています。
白い花は萎れはじめると黄色っぽくなるものも多いです。
紫外線まで見えている虫には色の変化がよくわかるので、蜜の多い新鮮な花を選べるようになっているそうですよ!

283231390_4999816593469834_4318475108452227292_n.jpg

写真:新宿 合羽坂テラスから 撮影 masacoさん

五月晴の下を歩くと童謡の「背くらべ」を思いだします。

合羽坂テラスの背くらべでダントツなのは、イボタノキとホオノキ。
普通はテラスの里山ユニットに、さすがにこんなに大きくなる木は植えませんが、何しろ実験場みたいな場所でもあるので、ここには100を超える色々な植物が植えられています。

なかでもイボタノキは、誰よりも勢いよく、空へ向けてしゅーっと枝を伸ばしていきます。
ちょうどこの時季は花を咲かせていて、虫たちも頻繁にやってきます。

280611921_4968035576647936_2140604662956965097_n.jpg

写真:新宿 合羽坂テラスから 撮影 masacoさん

**********************************************************

先に「背くらべ」になぞらえて投稿した植栽がニセアカシアでは?とのご指摘を受けました。
葉を採取したところ奇数羽状複葉でした。
イボタノキで入れたものが、ニセイボタならぬニセアカシアというお粗末。
ここにお詫びをして訂正いたします。

「どんぐり、2つとも芽が出ました!」と、昨年「どんぐりの実がなりました!」とお便りをくださった方から、嬉しい続報をいただきました。
植木鉢に植えたどんぐりに、ベランダに落ちた葉をかき集めて被せ、さらに風対策でネットをかけて見守っていたとのこと。
暑い夏の盛り、都心の高層マンションのベランダで元気に育っている姿にたくましさを感じます。

220711_中川さんどんぐり2.jpg 220711_中川さんどんぐり.jpg

高層ビルに囲まれ、強風も吹くけれど、里山ユニットに蝶々やトンボ、蝉、蜂などいろいろな生き物もやってくるそうです。

以前のお便りはこちら
https://www.5baimidori.com/blog/202111-post-324.html

ページの先頭へ戻る