ページ本文へ
5×緑ホーム > 恵比寿日和

恵比寿日和

馬(ハフリンガー種)三態

2017-12-11 (Mon)

そ、そんなに必死に食べなくても。。。image1s.jpg

image2s.jpg

image3s.jpg

錦秋から雪景へ

2017-11-29 (Wed)

馬の山下げのために今月はじめに訪れた遠野は錦秋の景色。
この週末は雪景。
3週間で秋から冬へ。

image1s.jpg

image3s.jpg

image4s.jpg

山梨から森の恵みが届きました

2017-11-27 (Mon)

たくさんのクルミを頂きました。
きれいに割るのは至難の技で、やっとひとつ殻からきれいに取り出せました。
見れば見るほど不思議な形ですよね。
美味しさがギュッと詰まっていました。

クルミ01.jpg

クルミ02.jpg

クルミ03.jpg

馬の山下げと里山ユニットづくり

2017-11-14 (Tue)

四方を囲むお山の錦が美しい遠野を5×緑のみんなで訪れました。

クィーンズメドゥ カントリーハウス(QMCH)に滞在し、馬の山下げと里山ユニットづくりをする旅。

クイーンズメドウ00.jpg

QMCHでは5頭のハブリンガーと暮らしていますが、夏の間牝馬3頭は荒川高原で過ごします。
11月、馬たちを引いて13km余りを歩いて里へ下ろすのです。
今回は20人という大勢で山下げしました。

馬との道行きはいつでも特別なものです。
歩くうちに心を通わせ、やがて馬と人がひとつの群れのようになってゆく。
互いにリラックスして、心楽しく、親しみと信頼に満ちた感覚が行き交います。

馬と道行.jpg

翌日は、5×緑の里山ユニットを1つずつみんなでつくりました。
手順を丁寧に追いながら、ひとつひとつの作業の意味を確認し、あらためて大切なものを確められたように思います。

ユニット製作.jpg

ブログ印_MIY.jpg

ムラサキシキブの実がしだいに紫へ

2017-09-05 (Tue)

薄緑と淡い紫が混じり合ったこの微妙な色合いを楽しめるのは今の季節だけ。
色づきは枝の根元から先へと進みます。
こんな小さなひと枝の「紫前線」にも、秋の兆しをみることができます。


IMG_1523s.jpg
広尾 山種美術館

ブログ印_MIY.jpg

お庭の剪定

2017-07-18 (Tue)

ここはどこでしょう?
森で藪漕ぎしているわけではありません。
我が家の小さな庭。
久々に愛植物設計会長の山本紀久さんが来てくださって、今日はお庭の剪定です。

image1s.jpg

image2s.jpg

それにしても自由に伸び放題な我が家の庭木。
4-5mに伸びたシラカシは2m程度で芯止めする、と山本さん。
「シラカシは大木になるからね。放っておくと大きくなってもいいのかなって思っちゃうからね。
お前は生垣だぞって思い出してもらうんだ」そうです。(笑)

迷いのない手さばきでハサミを入れて行く山本さん。
image3s.jpg

剪定枝がこんなに
image4s.jpg

剪定枝の中から適当に選んで、部屋に飾る。
image5s.jpg
image6s.jpg

image7s.jpg

作業の後。
スッキリと手が入って庭らしくなりました。
山本さんに感謝!

仕事の後はいつものように手伝ってくれた友人たちと飲んで語って。ここでも山本さんの独壇場。暑い盛りに1日作業した後にこのパワー。
いやぁ、本当にお元気!

image8s.jpg

image9s.jpg

before
image101s.jpg
after
image102s.jpg

馬の山上げ

2017-07-05 (Wed)

遠野では農繁期の夏の間、馬を高原で放牧します。
車で馬搬が普通ですが、
クイーンズメドウ・カントリーハウスでは、
荒川高原まで歩いて馬を上げます。
6月のはじめ、馬の山上げに同行しました。

桐の花の咲く山道を行く、13km余りの道行き。
馬と歩くだけでどうしてこんなに心楽しいのか。
彼らの体温が肩先から伝わって来ます。
彼らとの交歓が、閉じられていた回路を開き、
滞っていた何かをほぐしていくのを感じます。

高原に解き放たれて疾走した彼らの本来の野生に心打たれた、
特別な1日でした。

IMG_0576s.jpg

IMG_0578s.jpg

IMG_0581s.jpg

IMG_0593s.jpg

IMG_0605s.jpg

IMG_0607s.jpg

IMG_0624s.jpg

ベランダの小さな森は、里山につながってる。 | グラム デザイン blog を拝見して―

2017-06-13 (Tue)

グラム デザイン様
ツワブキの葉は下からのぞくと、こんな風にみえるんですね。
葉裏に光が透けてなんて綺麗なのでしょう。
みなさんが植物に向ける愛情と新鮮な目線にいつも驚かされています。
そして、愛情深い人の元に届けられた植物たちの幸せを思います。

花が咲いたり、実がなったり、植物たちが届けてくれる小さな発見は、
ささやかだけれど確かな幸せにつながっていると、いつも思います。
そうそう、今日、品川のオーナーの方からベランダのヤマザクラになった実で
果実酒をつくったというお知らせをいただきました。

ベランダの森の木や草がみなさんにたくさんのギフトを届けてくれますように。
私たちも、この小さな喜びをゆっくりでもたくさんの方に届けられるようがんばります。

グラム デザインさんのブログはこちらからご覧いただけます。
https://www.gram.co.jp/blog/blog_id1735/

テイカカズラが咲きはじめました

2017-05-10 (Wed)

テイカカズラの花が咲きはじめました。
花芽もたくさんついています。
これから6月にかけて一斉に開花し、独特の芳香を放ちます。

テイカカズラ01.jpg

テイカカズラ02.jpg

ブログ印_MIY.jpg

手前味噌をつくる

2017-05-03 (Wed)

私の森.jp さんの「みんなで仕込む『手前味噌』の会」に誘われて参加。

主役の大豆は、熊本県山都町水増集落の在来種「八天狗大豆」。

今回は麦麹で麦味噌を仕込みました。

煮あげた大豆をみんなで潰します。

味噌1.JPG

なかなか手強い。粒つぶが残る。

大豆によってキャラクターが変わるのがまた面白いのです。

味噌2.JPG

塩きり麹を混ぜて、団子にして空気抜き。

味噌3.JPG

家に持ち帰って、発酵させます。

加熱処理した市販の味噌は麹菌が生きていないんですね。

麹たち、いい仕事をしてくれるかなー。

ブログ印_MIY.jpg

ページ先頭へ
カテゴリー別記事
  • カテゴリー1
  • カテゴリー2
  • カテゴリー3