ページ本文へ
5×緑ホーム恵比寿日和 > 二十四節季便り『春分』...

恵比寿日和

二十四節季便り『春分』

2020-06-23 (Tue)

初候

  第十侯「雀、巣作りを始める」

  春が来ました。

  90254066_2750750201709829_1700226077579804672_o.jpg

  90137390_2750750858376430_5476844928950599680_o.jpg


次候

  第十一侯「桜咲き始める」

  昨年「5×緑の学校」で講師をお願いした山本紀久さんと君津で花逍遥。
  暖冬の今年は開花が早く、桜が満開で綺麗でした。

  「桜は遠く、梅は近く」と、鑑賞の仕方を教えてくださったのは、山本さんですが、
  ヤマザクラの古木は、黒々とした幹や枝と赤い若葉、そして花のつくる姿形が見事です。

  よく知られているようにソメイヨシノは江戸後期にできた園芸種。
  花が散ってから葉が展開します。
  野生種で昔から山々を彩ってきたヤマザクラは、花と葉が一緒に出ます。
  そういえば、日本画の桜の多くは花と葉が描かれていますね。

  90545389_2759416357509880_3466622135013736448_n.jpg


末候

  第十二候「雷が鳴り始める」

  里山ユニットがうちに来て3度目の春。
  3月の初め、春の訪れと共に咲くピンクの花、ウグイスカグラ。
  葉が出る前に咲いてた花が、今年は葉だけが繁っていく。。数日経ってひとつ、
  ふたつとピンクの蕾がふくらんで、咲いてくれました。
  やっとうちにも春が訪れました。

  91666089_2770883036363212_4182117305175506944_n.jpg

ページ先頭へ
カテゴリー別記事
  • カテゴリー1
  • カテゴリー2
  • カテゴリー3
過去の記事(月別)