ページ本文へ
5×緑ホーム > 5×緑 News

5×緑 News 一覧

夏季休業のお知らせ

2019-08-06 (Tue)

5×緑は8月10日(土)~8月18日(日)まで夏季休業となります。

期間中にいただいたお問合わせやご注文につきましては、8月19日以降、
順次対応させていただきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


5×緑 スタッフ一同

夏の選択除草のお知らせ 開講日8月17日(土)※造園CPD認定プログラム

2019-08-05 (Mon)

お待たせいたしました。7月27日の代替日時が決まりました!

AGFフィールド(味スタ西競技場)「みどりの広場」の夏の選択除草が、
8月17日(土)に開かれます。(主催プランタゴ / オフ キャンパス)

「みどりの広場」には、今では稀少な武蔵野の野の花がたくさん植えられており、
それらを残しながら外来種を中心に除草します。

講師は植物調査の専門家、荒井浩司さんです。

時より吹く風で葉っぱが触れ合うサラサラした音が清涼を感じます。
大きい木の下での選択除草となります。
ご自分のペースで休み休み作業をなさってください。


※詳しくはこちらをご覧ください。
OFF CAMPUS 49回20190817.pdf


参加ご希望の方は「選択除草参加希望」として、以下をご記載の上、
メール(event@5baimidori.com)でお知らせください。

・お名前
・所属
・メールアドレス
・電話番号


IMG_6331.JPG

ランドスケープ関係の方 注目! 神山町でのフィールドワーク展 8/21-25 4夜連続イベントも

2019-08-05 (Mon)

徳島の神山町でフィールドワークを続けている慶應大学SFC石川研究室の、3年間の活動をまとめた展示会が開かれます。


bb1a62daf7794be51e2d3a09377399a5-960x621.bmp


神山町は、人口5300人の中山間地。光ファイバー網を整備したことをきっかけに、IT企業のサテライトオフィスが進出するようになり、地域活性化の成功例として注目を集めています。


そんな注目の地域での活動の成果をまとめた展示です。
学生たちによる「フィールドガイドツアー」やゲストを迎えてのナイトイベントなど。
旅行客ではなかなか入れない神山の姿や人を知ることのできる滅多にない機会です。

なかでもランドスケープデザインに関わる方、地域性に基づく環境計画に関心のある方必見なのは8/24「山あいのランドスケープ・デザイン会議」。
「風土形成事務所」廣瀬俊介さんがゲスト。
田瀬理夫さんも聞き手として参加します。


詳しくはこちらをご覧ください。

◾︎SFC石川研展「神山ひとまわり」4夜連続イベントの話(まとめ記事)
https://www.in-kamiyama.jp/diary/41025/

◾︎神山つなぐ公社 西村佳哲さんツィート
https://twitter.com/lwnish/status/1156771965132103681


5×緑は、神山町が「まちを将来世代につなぐプロジェクト」として手がけているのが大埜地の町営住宅に土留めや庭園灯、門柱などランドスケープ・デザインのための資材を提供しています。
https://www.5baimidori.com/worksnow/2019/001103.html

夏の選択除草のお知らせ 開講日7月27日(土)※造園CPD認定プログラム ◎中止になりました!振替日は後日お知らせします

2019-07-24 (Wed)

AGFフィールド(味スタ西競技場)「みどりの広場」の夏の選択除草が、
7月27日(土)に開かれます。(主催プランタゴ / オフ キャンパス)

「みどりの広場」には、今では稀少な武蔵野の野の花がたくさん植えられており、
それらを残しながら外来種を中心に除草します。

講師は植物調査の専門家、荒井浩司さんです。

雨上がりに見る草木の緑がすがすがしいこの季節、
水分を十分取りながら、自分のペースでいいんです。
新井さんのお話を聞きながら草取りに励んでみませんか。


※詳しくはこちらをご覧ください。
OFF CAMPUS 49回20190727.pdf


参加ご希望の方は「選択除草参加希望」として、以下をご記載の上、
メール(event@5baimidori.com)でお知らせください。

・お名前
・所属
・メールアドレス
・電話番号


IMG_6312s.JPG
5月の様子

5×緑の学校「造園植栽術 山本紀久さんと行く 沖縄『ビオスの丘』見学ツアー」レポート

2019-07-04 (Thu)

山本紀久さんと沖縄を歩いた3日間。
訪問した施設はもちろん、街路樹から庭木まで、植物に関するお話はとどまることを知らず、植物名のメモだけでも優に100は越えました。

今回のツアーの眼目は、山本紀久さんと田瀬理夫さんがランドスケープを手がけた「ビオスの丘」の見学です。

01.jpg

「ビオスの丘」は、沖縄の自然とランをテーマにしたリゾート施設で、亜熱帯の豊かな自然と生き物の宝庫となっています。
ですが、当初は敷地外から土砂や農薬が流入したり、池には外来種のテラピアが入りこんでいる環境だったといいます。
1998年の開園から20年が経ちました。
山本さんが20年前の工事中の写真をお持ちになり、今回、同じ場所、同じ角度で写真を撮影されました。
20年の時を隔てたbefore/after。貴重な記録になると思います。

ビオスの丘の中央には湖水が広がり、クルーズボートやカヌーで周遊できます。
植物の生い茂る様子を見ていると、今では人工湖とはとても思えませんが、工事では地形をつくるために、金網のフトンカゴが多用されています。

02.jpg
人工湖の様子。前々日の大雨の影響で水がにごっています。

03.jpg
船上の山本さん

04.jpg
水際に咲くツルアダン の花

05.jpg
アナナス

06.jpg
スイショウ

今や植物と一体化してよくわかりませんが、目を凝らすと園内のいたるところに金網のフトンカゴやジャカゴが使われていて、田瀬さんのデザインスタイルを彷彿とさせます。

07.jpg

08.jpg

09.jpg

園内の植物の多さには目を見張りますが、とりわけ湖の周りは自然に馴染んでいて、植栽した
ものとは思えません。
ずっとここに、このように、あったかのようです。山本さんの面目躍如というところでしょう。

この場所は、沖縄北部の植生をつぶさに観察できる貴重な拠点になっています。

13.jpg

14.jpg
ヒカゲヘゴ

15.jpg
ビヨウタコノキ

16.jpg
パンノキの実

17.jpg
熱帯スイレン

18.jpg
ナリアラン

19.jpg
オオタニワタリ

20_ハブカズラ.jpg
ハブカズラ

21_ザミア .jpg
ザミア


10.jpg

11.jpg
「ビオスの丘」では駐車場の屋根代わりにコバテイシが使われていました。

12.jpg
パーキングラインは草で!
「舗装の時に角材を置いておくだけだから簡単なんだよ」と山本さん。

軽井沢 特別開講のお知らせ 7月13日・14日・15日の3日間

2019-07-01 (Mon)

現在、軽井沢のカラマツ林の中に出来る無床診療所・デイサービス施設「発地のロッジ」の設計を進めています。

道路を隔てた敷地では来年4月開校予定の軽井沢風越学園が建設中です。

建築部分と駐車スペース部分の林床の表層植生を建設工事に先立ち、スキとって運び出し保全して、風越学園のランドスケープに活かしてもらうおうと提案しています。 
この「表層植生のスキとり作業」に是非参加してください。

   プログラム 『カラマツ林床の表層植生の保全活用』 造園CPD 5単位(申請中)

3日間開催しますので、参加できる日に出来るだけ参加してください。

※詳しくはこちらをご覧ください。
OFF CAMPUS KARUIZAWA 20190713.pdf

参加ご希望の方は下記にご連絡ください。
田木日奈子(千葉大) e-mail:tango551013@gmall.com

「5×緑の学校2019」山本紀久さんの造園植栽術 実践編!

2019-06-30 (Sun)

「5×緑の学校2019」
山本紀久さんの造園植栽術 実践編!

植物は生きています。

<生きて成長する>、ということは経年と共に、その様相を変化させる、ということです。
<生きている>、ということは環境によってその生育状態も変わる、ということです。

私たちは、ランドスケープ デザインの要である植物のことをどれほど知っているでしょうか。
そもそも彼らが自然の中でどのように生息しているのか、「そのことはよくわかっている」、といえるでしょうか。

山本紀久さんは、<そのことがとてもよくわかっている人>です。

「5×緑の学校 2019」は、愛植物設計事務所会長で「造園植栽術」の著者でもある山本紀久さんをお招きし、全5回にわたって造園植栽に関わる実践的講座を開催します。
*第1回は5月18日(土)です。

写真 2018-10-28 13 57 25ss.jpg20190325110509s.jpg

今回は、座学だけでなく、フィールド中心に企画しました。
実際に山本さんが設計された沖縄の現場を訪ねたり、野川公園をピクニックしたり。
山本さんがどのような目線で植物や生き物を捉えているのか、そしてその知見をどのように造園に生かしているのか、つぶさに感じていただけます。

造園は、これで終わり、ということがありません。優れた造園家は遥か先の植物の成長や、場合によっては遷移さえ見越して設計します。
山本さんがとても大切にし、ご自身でも作業に携わる植栽管理について、フィールドで実際に作業しながらお話を聞けるチャンスを作りました。

螻ア譛ャs.jpg

山本紀久さんの長い経験に裏打ちされた深く広い世界に触れるまたとない機会です。
ぜひご参加ください。

<講座予定>
第1回 5/18(土)       「造園植栽のいろは」
第2回 6/27(木)~6/29(土) 現地見学ツアー「沖縄ビオスの丘」
第3回 10/19(土)       フィールドツアー「野川公園・深大寺」
第4回 11/9(土)       実践講座「植物を活かす手入れ」
第5回 12/14(土)       山本さんと観る「人生フルーツ」

第1回  5/18(土)  「造園植栽のいろは」                   

D7__1938s.jpg

山本さんとお話をしていると植物に対する深い愛情を感じることが多々あります。
また、数多くの仕事に取り組まれてきたその経験と見識あるお話はいつ伺っても分かりやすく惹き込まれます。
第1回目は、今年の講座のイントロダクションとして、植物からの視点を中心に、山本さんがこれまで携わってきた事例を交えながら造園植栽について広くお話を聞きます。
植物について知っているようで知らなかったり、見ているようで見えていないことがあるかも?
山本さんと一緒に植物から学びましょう。

※山本さんの著書「造園植栽術(彰国社)」をテキストに使用します。当日販売予定もございますが部数が限られるため、事前にご用意ください。

■受講料 3,000円
■時間  開場 9:30
     開始 10:00~12:30
     ランチ会 12:30~14:00(山本さんを囲んでおしゃべりしながらランチしましょう)
■場所  合羽坂テラス#2
■定員  33名

※松中食堂の美味しい昼食をご用意いたします。(お1人 1,000円)
 ご希望の方は、5/10(金)までに event@5baimidori.com にご連絡ください。
※お時間のある方は、講座が始まるまでテラスの緑を眺めながらお過ごしください。

お申し込みは→コチラ

第2回  6/27(木)~29(土)  現地見学ツアー「沖縄ビオスの丘」     

150818+bios+(12)ヘゴ林s.jpg160121ビオス+(21)s.jpg首里城庭園170515 首里  (10)s.jpg

山本さんの代表的なプロジェクトの1つに沖縄の「ビオスの丘」があります。
「ビオスの丘」は、沖縄の自然とランをテーマにしたリゾート施設で、亜熱帯の豊かな自然と生き物の宝庫となっています。
ですが、当初は敷地外から土砂や農薬が流入したり、池には外来種のテラピアが入りこんでいる環境だったといいます。
1998年開園から20年が経った現在の姿は、当初思い描いていたイメージ通りなのでしょうか。
山本さんと一緒に現地を見て回りながら、当時の様子を交え、環境整備や植栽計画の考え方、メンテナンス計画などについてお話を聞きます。

亜熱帯の自然が魅力的な沖縄は、植生が北部と南部で異なるため、風景もまた変化があります。
せっかくなら両方の植生を見比べてみたい!「ビオスの丘」は北部の植生に位置するので、南部の植生として「首里城」も見学します。移動中も気になる植物や風景ポイントで山本さんに解説いただきます。山本さんと過ごす沖縄の時間を楽しみましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<主なスケジュール>

■1日目
 13:00 ホテル集合
        (ゆいレールにて移動)
 14:00 首里城見学
        (ゆいレールにて移動) 
 17:00 ホテル戻り      
 18:00 夕食

■2日目
 9:00  ホテル出発
        (バス移動)
       景色を見ながら海岸沿いに残波岬を経由し
 11:30 ビオスの丘
        (バス移動)
 14:00 遅めの昼食
        (バス移動)
 17:00 ホテル戻り      
 18:00 夕食

■3日目
 午前  山本さんと歩く国際通り(自由参加)
 ホテル解散

※宿泊先は「ネストホテル那覇(那覇市西1-6-1)」となります。
※食事処は山本さんおすすめのお店をご案内いたします。
※スケジュールは変更になる場合がございます。

■ツアー参加費 33,900円(2名1室)
 2泊 朝食 2日目貸切バス ガイド料含む
 *沖縄ホテルまでの往復の交通費、首里城や食事処までの交通費、昼食・夕食代、
 入園料、保険は含みません。
 *1名1室をご希望の方は、40,900円となります。
■場所 現地集合・現地解散
■定員 10名

■お申し込み
 件名「沖縄ツアー希望」として、下記をご記入の上、
  お名前(ふりがな) / ご住所 / ご連絡先 Tel & Mail / 性別  
  event@5baimidori.com へお申し込みください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第3回  10/19(土)  フィールドツアー「野川公園・深大寺」         

写真 2018-10-28 13 57 25s.jpg

自然の中を歩く時、山本さんは何を見てどんなことを読み取っているのでしょうか。
「はけ」と呼ばれる国分寺崖線の変化に富んだ地形や武蔵野らしい風景が残る野川沿いを野川公園から深大寺まで、山本さんと一緒にのんびり散策します。
お昼は外でお弁当を広げてピクニック。深大寺を散策した後は、深大寺温泉で汗を流してさっぱりしましょう。

■受講料 5,000円
■時間  10:00~16:00
■場所  集合:西武多摩川線「新小金井駅」 解散:深大寺
■定員  15名
■持ち物 お弁当、飲み物、帽子、タオル、レジャーシート、雨具、お風呂セット(必要な方)など
■服装  天候に合わせて温度調節がしやすく動きやすい服装

お申し込みはコチラ

第4回  11/9(土)  実践講座「植物を活かす手入れ」             

180403君津花逍遥+(81)s.jpg180403君津花逍遥+(58)s.jpg

20年前より山本さんが関わってきた「内山ガーデン&アーボリータム計画」では、君津の樹木生産拠点の圃場で大きく生長した樹木を活かした散策路を整備して、自然と接する場を提供しています。自生種のヤマザクラや雄大に枝を広げたコナラの大木、気持ちの良い展望など見どころがたくさん。
山本さんに整備の考え方などをお聞きしながら、散策路を歩いて秋の風景を楽しんだ後、実際にみんなで散策路の手入れをして植物を活かす風景づくりを体験します。手入れで発生した剪定枝を使ってバイオネストも作る予定です。

■受講料 5,000円
■時間  10:00~16:00
■場所  集合・解散:君津バスターミナル
■定員  15名
■持ち物 剪定ばさみ、お弁当、飲み物、帽子、タオル、雨具など
■服装  天候に合わせて温度調節がしやすく動きやすい服装
※現地に直接車でお越しいただくことも可能です。
 event@5baimidori.comへお問い合わせください。

お申し込みはコチラ

第5回  12/14(土)  山本さんと観る「人生フルーツ」            

JF-mains.jpg                               「人生フルーツ」(C)東京テレビ放送

山本さんは身近な植物の恵みを上手に活用して、豊かな暮らしをされています。お庭のサンショウの葉でつくだ煮を作ったり(じつにお酒に合う!)、うめ酒を仕込んだり・・・
美味しいものにかけては手間を惜しみません。
そんな山本さんの姿とも重なる、ある建築家の暮らしを追ったドキュメンタリー映画「人生フルーツ」を山本さんと観賞します。映画を観て感じたこと、これまでの講座を通じて気になったこと、山本さんにぜひ聞いておきたいことなど、お茶を飲みながら自由におしゃべりしましょう。

■受講料 2,000円
■時間  開場 13:30
     上映開始 14:00 (上映時間91分)
     放課後カフェ 15:35~17:00(山本さんを囲んでおしゃべりしましょう)

■場所  合羽坂テラス#2  
■定員  33名
※受講料には飲み物代(お茶菓子付き)が含まれます。
※お時間のある方は、講座が始まるまでテラスの緑を眺めながらお過ごしください

※会場の設備上、完全な暗室にはなりません。ご了承ください。

お申し込みはコチラ

 講師プロフィール                                  

山本紀久
愛植物設計事務所会長。造園家。1940年生まれ。
東京農業大学造園学科卒業後は、個人庭園、別荘地、超高層ビル周り、工場緑化、埋立地緑化など現場を体験し、その後「愛植物設計事務所」を設立。手がけた仕事は「東京ディズニーランド」「八景島シーパラダイス」「ダイキン工業アレス青谷」「沖縄海洋博覧会記念公園熱帯ドリームセンター」「沖縄ビオスの丘」など多数。現在は、愛植物設計事務所会長、ランドスケープコンサルタンツ協会顧問など。著書に「街路樹(技法堂出版)」「造園植栽術(彰国社)」など。1996年建設大臣表彰、1997年黄綬褒章、2005年北村賞、2015年「造園植栽術」著作で日本造園学会特別賞など。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
「5×緑の学校」2019 山本紀久の「植物から学び魅せる造園植栽」について
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
※年間プログラムの詳細については、こちらをダウンロードください。 → 5×緑の学校2019.pdf
※受講料には現地までの交通費や保険については含んでおりません。保険が必要な方はご自身でご加入ください。
※「合羽坂テラス#2」...新宿区市谷仲之町2-10 合羽坂テラス2号室
※4月15日より全講座同時に受け付けいたします。 お申し込みは→コチラ
※定員に達し次第締め切らせていただきます。
※大変申しわけありませんが、お支払い後のキャンセルは承れません。ご了承ください。
※フィールド講座で荒天中止となる場合は、前日までにメールにてご連絡いたします。
 開催中止となる場合、受講料は返金されます。
※第2回現地見学ツアー「沖縄ビオスの丘」はお申し込み方法が異なります。ご注意ください。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

田瀬理夫さん、NHK「デザイン トークス+(プラス)」に出演 7月2日 3日 Eテレ放映

2019-06-14 (Fri)

ランドスケープ設計の田瀬理夫さんのインタビューが、NHKの「デザイン トークス+(プラス)」で5月と9月の2回にわたって放送されます。

都市緑化がテーマ野第1回の英語版は、5月30日からNHKワールドでオンエアされました。
日本語版はEテレで7月2日と3日に放送されます。
番組には、ランドスケープ・プラスの平賀達也さんも登場されています。

【放送局】NHK Eテレ
【番組名】デザイン トークス+
【放送予定】
 本放送:2019年7月2日(火)22:50~
 再放送:2019年7月3日(水)10:25~

第2回は、9月ころ英語版が放映予定です。
植物に対する考え方や付き合い方などを現代の視点から考えるような内容になるようです。
5×緑もこの回で少しご紹介いただけるそうです。

■オンデマンド放送について
5月30日以降は、オンデマンド配信となり、
公式HPにて1年間、時刻に関係なく繰り返し
視聴できます。
○放送・配信:NHK WORLD
○番組名:DESIGN TLAKS Plus " Tokyo Cityscapes: Botanical https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/designtalksplus/

■再放送について
5月30日放送分英語版の再放送が決定しました。

◯NHKWORLD
放送予定:
2019年 7月25日(木)※日本時間
 9:30~9:58
15:30~15:58
22:30~22:58

◯NHK BS1
放送予定
2019年8月22日(木)午前4:30~
   (※8月21日(水)28:30~)
※英語のままの放送になります。

緊急のニュースなどのため日程が変更になる場合があります。

[東京・金沢 同時開催] 森を祝う「みんなの夏至祭」2019のご案内:6月22日(土)

2019-06-06 (Thu)

※6月21日追記:開催日前日となりましたので、お申込みを締め切らせていただきます。参加をご希望される方は、お名前とお電話番号を添えて、office(アット)watashinomori.jp(※(アット)を@に変えて送信ください。)までご連絡ください。キャンセルがあった場合にはすぐにご連絡いたします。

geshisai_180623-125.jpg

新緑美しい夏至のシーズンに、里山の植物で街の室内を森のように飾って楽しむ夜祭り、森を祝う「みんなの夏至祭」にご一緒しませんか?

会場は今年も「5×緑」が入居する合羽坂テラスとなります。この時期、テラスには100種類もの日本在来の植物が萌え茂って昼も夜も美しい眺めとなっております。ぜひ足を運びにいらしてください。

里山からいただいた緑の中で森の音に耳を傾けたりしながら、森を感じ、森に想いを馳せる。呑んで食べておしゃべりしてゆったりと楽しく過ごす。そんな幻想的な一夜へ!

今年室内の森を創ってくれるのは、RARI YOSHIOさん。
「5×緑」とのおつきあいも長く、今回装飾をお願いしたところご快諾いただきました。RARIさんの作る室内の森がどんな姿になるのか私たちも今からとても楽しみです。
また、RARIさんと一緒に夏至祭に飾る「森の木だま」を作るワークショップも開催いたします!
RARIさんは、東京生まれのクリエーターで、SAZABYやet vousのバッグデザインを手掛けた後、 店舗のプランニングからデザイン、ディスプレー、ディレクションなど幅広く活躍をされている方です。植物を暮らしに取り込んだ、美しいスタイリング提案が人気で、イラストやオリジナル雑貨も本当に素敵です。

そして、昨年まで3回にわたって東京の森を作ってくれた花人・藤木卓さんは、石川県金沢市で開催される夏至祭を担当してくれます! 東京からのれん分け(!)開催をしてくれるのは、もりラバー 林業女子会@石川のみなさん。美しい能登ヒバの装飾が楽しみですね。

夏至祭仲間が少しずつ広がってきて、わたしたちも嬉しい限り。
お申込みはお早めにどうぞ。

※昨年(2018年)のレポートはこちら。
アニメーション作家、伊藤有壱さん率いるi-toon が作ってくたオープニングアニメーション『モリネズミ』も要チェック!詳しくは私の森.jpさんのニュースサイトからご覧になってください。
 https://watashinomori.jp/news/2018/20180823_38.html


森を祝う「みんなの夏至祭」

6月22日(土)

【第一部・準備を楽しむ】
16:00~飾り付けと夏至ずしの仕込みをみんなでわいわいと
 夏至寿司:朴葉ずしをつくります
 会場装飾:RARI YOSHIOさん
 お料理:松中食堂さん
 山の植物:杉玉の高林(岐阜県下呂市)さん
      NPO法人馬頭里山本舗(栃木県那珂川)さん

【第二部 夏至祭パーティ】
18:30~呑んで食べて緑を味わって、森の話に耳を傾けたり、伝えたり。

■お楽しみプログラム
○山本コヲジさんのクリスタルボウル演奏
○高月美樹さんの歳時記トーク
○高階 經啓さんのプロの「話し相手」とおしゃべりしようコーナー
○エクリさんの出張「木林文庫」他
(詳細は決まり次第ご案内します)

■会場
合羽坂テラス(新宿区市谷仲之町2-10)
アクセス:https://www.5baimidori.com/5baimidori/access.html

■参加費
4,000円(食事代・1ドリンク含む)
 *1部のみ参加の方は2,000円
 *2ドリンク目からは1杯300円でご用意します
 *参加費は当日会場でお支払いください

■持ち物
 もしお持ちでしたらソーラーランタンを!日中の太陽光を蓄えて夜を楽しみましょう。
■定員
 40名くらい(立席・床席・椅子席も少し)
 出入り自由です。

●緑のおみやげ
 お片付けをお手伝い頂いた方に、装飾に使った緑をお持ち帰りいただけるようにしています。
 夏至祭の余韻をご自宅へ!

お申込みはこちら

上記お問い合わせフォームからの入力ができなかった場合は、下記のメールアドレスまで、お名前、ご連絡先をお知らせください。
office(アット)watashinomori.jp
※(アット)を@に変えて送信ください。

■主催:私の森.jp+5×緑の学校

夏至祭の「木だま飾り」をつくろう ワークショップのご案内

2019-06-06 (Thu)

※6月21日追記:開催日前日となりましたので、お申込みを締め切らせていただきます。参加をご希望される方は、お名前とお電話番号を添えて、event@5baimidori.comまでご連絡ください。キャンセルがあった場合にはすぐにご連絡いたします。

森の木だま.jpg

夏至の日に、森の精気をお部屋に取り込んで
森を思い、森に感謝する、そんな風にすごしませんか。
RARI YOSHIOさんが、お部屋に飾る「木だま飾り」を考えてくださいました。
夏至の日の22日(土)の午後、ワークショップを行います。

山から香り高い針葉樹や新緑の枝を届けていただきます。
森への感謝の気持ちや願いを記したりも。

夕方からは同じ会場で 森を祝う「みんなの夏至祭 2019」も開かれます。
よろしければこちらにもぜひご参加ください。
*昨年の 「みんなの夏至祭」は共催の私の森.jpさんのサイトよりご覧になれます。
https://watashinomori.jp/news/2018/20180823_38.html


【ワークショップの概要】

日時   6月22日 (土) 14:00 〜 16:00

会場    新宿区市谷仲之町2-10 合羽坂テラス#2
      都営新宿線 曙橋駅 から徒歩5分。

会費    4,500円
      会費は当日お持ちください。

定員    10名
      ※定員に達しましたら締め切ります。

お申し込み  6月21日 17:00までに下記フォームよりお申 し込みください。
       

※お洋服の汚れが気になる方はエプロンをお持ちください。
※木だま飾りを持ち帰られるための袋をご用意ください。

当日連絡先   03-5362-3399 ゴバイミドリ


ワークショップ講師のご紹介

RARI YOSHIOさん

東京生まれ。
SAZABYやet vousのバッグデザインを手掛けた後、
店舗やブランドのトータルディレクションに携わる。
2001年に独立。イラストを始め、スタイリング、ショップ・プランニング、
インテリア雑貨の製作など、クリエーターとして幅広く活躍中。
著書『『SIMPLE NOTE』『FLOWR BOOK』他。
栃木県、那須在住。
自身の世界観を表現したショップ「JARDIN BLANC」を那須で運営。
http://rari-yoshio.blogspot.jp/

RARIさんからのメッセージ

森の木だまのこと
こどもの頃
家の近くに
シンボルツリーとして
植えられていた
おおきなモミの木が
大好きでした
木の下に潜ると
地面まで伸びた枝にすっぽり包まれ
そこは
わたしにとって
いちばん安心できる
ちいさな森のようでした
森を祝う みんなの夏至祭
森の神さまをお迎えする
よりしろとして
この森の木だまのイメージが
降りてきました
森に育つ 木々や
植物をつかうこと
森に感謝をこめてつくること
森の木だまをつくるときの
約束事はこれだけです
1年に1度
夏至の日に
深く深く森を想い
感謝をこめて祝いましょう

木だま.jpgのサムネイル画像


会場のご案内   都営新宿線 曙橋駅 から徒歩5分。 

5×緑合羽橋(会場)地図.jpg

お申込みはこちら

上記お問い合わせフォームからの入力ができなかった場合は、下記のメールアドレスまで、お名前、ご連絡先をお知らせください。
event@5baimidori.com

ページ先頭へ
カテゴリー別記事
過去の記事(月別)