ページ本文へ
5×緑ホーム > 5×緑 News

5×緑 News 一覧

5×緑の学校「山本紀久さんと気ままに歩く フィールドツアー 野川公園・深大寺」レポート

2019-11-06 (Wed)

10月19日に5×緑の学校「山本紀久さんと気ままに歩く フィールドツアー 野川公園・深大寺」を行いました。

野川公園の植物だけでなく、駅前の緑地でも公園へ向かう家々の庭木でも、山本さんの植物や生き物への目線は途切れることなく、お話も尽きることがありません。

ツアーの中のトピックスをいくつかまとめてみました。


1. 樹木について

1-1サクラ

・サクラに必要な空間は250㎡。ということは、並木なら16mピッチ。

・樹間から空が見えることがサクラの美しさだとすると、十分に空間を取ることが大切。

・ウメは近くで見るもの、サクラは遠くで見るもの――が伝統的な観賞法。
ウメは庭の手水鉢の近くに植えて、香りを楽しんだ。葉が水面に落ちて薬効も期待した。

・サクラは弱ると胴吹きといって幹の下部から枝を出す。
これを切って落としてしまってはいけない。
詰めて植えすぎたものは途中で間引くべき。
サクラは高さよりも葉張りを出すことを考える。

01_IMG_8808.jpg
サクラの大木

03_IMG_8727.jpg
サクラの胴ブキの様子

1-2 エノキ

・エノキは強くてどこにでも生えたので、江戸時代、一里塚に植えた。
旅人はエノキで、江戸時代から何里来たのかを知ることができた。

・葉は鋸歯が浅く左右非対称が特徴。

04_IMG_8763.jpg
野川公園のエノキの古木。「時代を経た風格を感じる」と山本さん。

05_IMG_8800.jpg
鳥のフンから芽生えたと思われるエノキの実生。
フェンス近くのため草刈りで刈り残したと思われる。

1-3 キンモクセイ

・キンモクセイほど芳香を放つ木はない。季節感を感じることができる木。

・庭木によく使われるが、本来大きくなる木。

・キンモクセイには雄雌あるが、日本には雄株しかない。
ジンチョウゲも雄株だけ。実に見所がないため。

06_キンモクセイ(実)_191019深大寺_IMG_7590.JPG
深大寺にある古株。「4~5本を寄せ植えしたのではないか」(山本さん)
キンモクセイは高木性なので株立ちにはならない。

07_01_IMG_8680.jpg
庭木に使われるが、本来広いところに植えるもの。

1-4 イイギリ

・おにぎりを包むことからこの名前がある。

・実はまずく、鳥も最後に食べる。

・葉が落ちた後、実が鈴なりになる様子は見所がある。

08_イイギリ(実)_191019深大寺_IMG_IMG_7587.JPG
深大寺にあるイイギリの大木。

1-5 草地

・「虫の音の聞こえる草地」をつくる。
街から原っぱがなくなって、草地のデザインが大切になっている。
草地ができれば生き物もたくさん来る!

・草地の管理においては一律に刈らない。
刈り込むところ/半分刈るところ/あまり刈りとらないところと、分けて管理することで、多様な草地ができる。
「いつ、何回刈りとるか」の組み合わせを考えることがデザイン。

09_IMG_8809.jpg
野川公園の草地

10_IMG_8836.jpg
野川公園沿いの踏み路群落

1-6 アメリカハナミズキ(ハナミズキ)

・本来水辺に育つ樹木

・車道脇の街路樹に使うと、4~5mの高さで道路側の下枝を切られてしまうので枝が残らない。
そういう意味では街路樹には向かない。

・新宿御苑にあるハナミズキは、日本で初めて入れたもので大変素晴らしい。

13_IMG_8686.jpg


2.野川公園

14_IMG_8736.jpg
昔ながらの二次林の姿が残る園内の森

15_IMG_8744.jpg
台風による増水の痕の残る野川

16_IMG_8753.jpg
野川の川辺に鳥が運んだクワの木が並ぶ

17_IMG_8817.jpg
クマノミズキの葉は糸を引く

18abc_IMG_8783.jpg
左から、サキの花ゲンノショウコ、ヨメナ

27_IMG_6940.JPG
野川公園は木の自然樹形を知ることのできる貴重な場所


3.新小金井駅から野川公園

3-1 駅前の緑地

19_IMG_8663.jpg
クス「1本の大木があるだけで公園になる」(山本さん)

20_MG_8664.jpg
ケヤキ「2本で絵になっている。3本でもいい。4本だと絵にならない」(山本さん)

21_IMG_8671.jpg
フイリのトウネズミモチの生垣。先祖返りしたものが出現して、フイリとフイリでないものの混ぜ垣になった。

22_IMG_8678.jpg
サツキは強いが根が浅く、乾燥に弱い。
この夏のように暑いと傷んでしまう。

23_IMG_8758.jpg
公園に下草は大切(写真は野川公園)
「都会の公園はマテバシイばかり。下草もなく真っ暗。降った水を貯める枯れた草は、養分になり分解されることで空気を土中に送り込む」(山本さん)

24_25_26.jpg
見事なカイズカイブキの生垣、玉散らしのマツ、門冠のマツ、この辺は仕立て物の庭木が多い。

「5×緑の学校」レポート:石巻「鎮魂の森」苗木づくりの試み

2019-11-01 (Fri)

5×緑の学校「山本紀久さんと気ままに歩く フィールドツアー 野川公園・深大寺」で山本さんから伺った石巻の取り組みについて共有させていただきます。

ツアーでは、荒々しい台風19号の爪痕の残る野川を歩きました。
気候変動の結果でもある被害を前に、山本さんは「造園家としてこれからは森づくりに取り組みたい。都市の水源涵養の機能を持つ森はこれからますます大事になる」と語りました。

その具体的な取り組みとの一つとして石巻南浜地区の「鎮魂の森」づくりについてお話しくださいました。

東日本大震災において、石巻市では4000人もの命が奪われました。なかでも南浜地区は津波襲来とともに火災が発生し多くの方々が犠牲になりました。
その南浜地区で、「全ての生命に対する追悼と鎮魂、そして記憶と教訓の場」として、復興祈念公園の整備が国と宮城県と石巻市によって進められています。

祈念公園の森づくりにおいては「がれきに覆われた地に人々の思いを込めて郷土の樹木を植え、美しい杜へと時間をかけて再生する」ことを基本方針としています。

山本さんはこの計画の設計に参画していらっしゃいます。
植栽にあたって地元の植木協会が、何年も前から地域性種苗に取り組み、その苗が使われているそうです。
苗木の生産にあたっては、土に計画地の表土を使うことをルールにしています。
埋土種子からの発芽も期待しているといい、「里土苗」と呼んでいるそうです。

公共工事に関わらず植物を植えるにあたっては、あらかじめ苗木を生産しておくことが理想ですが、実現は難しいのが現状です。
たいてい植栽は工事の最後に発注され、時間のないなかで植物を調達して「植えて終わり」。
植物の成長は途切れることなく続くのに、生産→工事→管理がブツブツに切れているのが一般的です。

鎮魂の森の工事では、設計に計画地の土でつくった苗木であることが特記されており、生産者が安心して郷土の苗木づくりに取り組めたといいます。

公正の原則をどう守るか、適正な価格をどう担保するかなど、課題もあると思いますが、きちんと計画さえされれば、良質な苗木を確保することにつながったり、地域ぐるみの取り組みに発展するなど、苗木の生産は新しい価値を生み出す可能性があると思いました。

IMG_8688.jpg
これからは「森づくりに取り組みたい」と語る山本紀久さん

IMG_8744.jpg
増水の痕の残る野川

IMG_8763.jpg
野川公園で出逢ったエノキの古木。
鎮魂の森の木もやがて大木に成長していく――「その過程をわかって設計し、管理に関わることが重要だ」(山本さん)

「5×緑の学校2019」特別講座 12/6 山あいのランドスケープ・デザイン会議 | 東京編 廣瀬俊介さんを招いて

2019-10-29 (Tue)

8月に徳島県の神山町で開かれた「伝説の講座」の再演です。

この集いの企画者であり、当日聞き手も務めてくださる西村佳哲さんに「ランドスケープ・デザインに関わる人には全員に聞いてもらいたい」と言わしめた神山での講座。

私も神山まで出かけました。

そして、そのひと夜の講座は私の中で伝説に。

廣瀬さんはご自身の仕事について「〝風景のなかの豊かな過去を、地域の未来に生かすこと〟をめざしている」と語っています。
そして、神山のレクチャーでは、ランドスケープ・デザインの仕事を
「生活者が主体となって風土をかたちづくることを支える技術」
「土地、地域と人の関係を結び直すところから始まるもの」
とも語っていらっしゃいました。

デザインというと、表に現れた形や色を思いがちですが、廣瀬さんのお仕事を見ていると、相手にしているのは水や風で、決して造形的ではないことを感じます。
もちろん、美しさもまた大切にされているのは間違いありませんが。

西村さんからのコメントです。「この人の存在が励みになる人は、ランドスケープデザインを学んだりたずさわっている人に限らず、たくさんいるんじゃないかと思う」

ぜひ、たくさんの方に聞いていただきたいレクチャーです。

5×緑 宮田



時間: 2019年12月6日(金)18:30?21:00/開場 18:00
場所: 合羽坂テラス(東京 曙橋)
ゲスト:廣瀬俊介さん(風土形成事務所)
聞き手:西村佳哲さん(リビングワールド代表 『人の居場所をつくる』の著者でもあります)
参加費:2,000円
お申込み : http://peatix.com/event/1359198
山あいのランドスケープ・デザイン会議 |東京編 廣瀬俊介

「5×緑の学校2019」山本紀久さんの造園植栽術 残すところあと2回です!

2019-10-25 (Fri)

「5×緑の学校」2019 山本紀久の「植物から学び魅せる造園植栽」
残すところあと2回となりました。後半2講座のご案内です。

第4回  11/9(土)  実践講座「植物を活かす手入れ」             

このたびの台風で圃場にも倒木や枝折れなど大変な被害が生じました。
山本さんと「風景の再生」についても考えてみたいと思います。

写真 2019-10-24 12 56 58s.jpg
根から倒れたシイノキの大木

写真 2019-10-24 12 58 15s.jpg 樹齢40年以上

写真 2019-10-24 12 43 16s.jpg

写真 2019-10-24 13 06 40s.jpg

写真 2019-10-24 12 59 31s.jpg
大コナラも太い幹が1本根元から折れました

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

180403君津花逍遥+(81)s.jpg

180403君津花逍遥+(58)s.jpg

20年前より山本さんが関わってきた「内山ガーデン&アーボリータム計画」では、君津の樹木生産拠点の圃場で大きく生長した樹木を活かした散策路を整備して、自然と接する場を提供しています。自生種のヤマザクラや雄大に枝を広げたコナラの大木、気持ちの良い展望など見どころがたくさん。
山本さんに整備の考え方などをお聞きしながら、散策路を歩いて秋の風景を楽しんだ後、実際にみんなで散策路の手入れをして植物を活かす風景づくりを体験します。手入れで発生した剪定枝を使ってバイオネストも作る予定です。

■受講料 5,000円
■時間  10:00~16:00
■場所  集合・解散:君津バスターミナルor君津駅 ※追加しました
■定員  25名 ※増員しました!
■持ち物 剪定ばさみ、のこぎり(お持ちの方)、お弁当、飲み物、帽子、タオル、雨具など
■服装  天候に合わせて温度調節がしやすく動きやすい服装
※現地に直接車でお越しいただくことも可能です。
 event@5baimidori.comへお問い合わせください。
※会場に飲食施設はありません。ご希望の方には、お弁当(お茶付き)を1000円でご用意いたします。代金は当日受付時にお支払いください。
※事前にご希望の集合場所、お弁当ご希望の有無を確認させていただきます。お申し込みの際は必ず連絡先(TEL&メールアドレス)を入力ください。


お申し込みは→コチラ


第5回  12/14(土)  山本さんと観る「人生フルーツ」            

JF-mains.jpg                   「人生フルーツ」(C)東京テレビ放送

山本さんは身近な植物の恵みを上手に活用して、豊かな暮らしをされています。お庭のサンショウの葉でつくだ煮を作ったり(じつにお酒に合う!)、うめ酒を仕込んだり・・・
美味しいものにかけては手間を惜しみません。
そんな山本さんの姿とも重なる、ある建築家の暮らしを追ったドキュメンタリー映画「人生フルーツ」を山本さんと観賞します。映画を観て感じたこと、これまでの講座を通じて気になったこと、山本さんにぜひ聞いておきたいことなど、お茶を飲みながら自由におしゃべりしましょう。

■受講料 2,000円
■時間  開場 13:30
     上映開始 14:00 (上映時間91分)
     放課後カフェ 15:35~17:00(山本さんを囲んでおしゃべりしましょう)
■場所  合羽坂テラス#2  
■定員  33名
※受講料には飲み物代(お茶菓子付き)が含まれます。
※お時間のある方は、講座が始まるまでテラスの緑を眺めながらお過ごしください
※会場の設備上、完全な暗室にはなりません。ご了承ください。

お申し込みは→コチラ

講師プロフィール                                  

山本紀久
愛植物設計事務所会長。造園家。1940年生まれ。
東京農業大学造園学科卒業後は、個人庭園、別荘地、超高層ビル周り、工場緑化、埋立地緑化など現場を体験し、その後「愛植物設計事務所」を設立。手がけた仕事は「東京ディズニーランド」「八景島シーパラダイス」「ダイキン工業アレス青谷」「沖縄海洋博覧会記念公園熱帯ドリームセンター」「沖縄ビオスの丘」など多数。現在は、愛植物設計事務所会長、ランドスケープコンサルタンツ協会顧問など。著書に「街路樹(技法堂出版)」「造園植栽術(彰国社)」など。1996年建設大臣表彰、1997年黄綬褒章、2005年北村賞、2015年「造園植栽術」著作で日本造園学会特別賞など。
※2019年日本造園学会上原敬二賞受賞

-------------------------------------------------------------------------------------------------------
「5×緑の学校」2019 山本紀久の「植物から学び魅せる造園植栽」について
-------------------------------------------------------------------------------------------------------
※年間プログラムの詳細については、こちらをダウンロードください。 → 5×緑の学校2019.pdf
※受講料には現地までの交通費や保険については含んでおりません。保険が必要な方はご自身でご加入ください。
※「合羽坂テラス#2」...新宿区市谷仲之町2-10 合羽坂テラス2号室
※4月15日より全講座同時に受け付けいたします。 お申し込みは→コチラ
※定員に達し次第締め切らせていただきます。
※大変申しわけありませんが、お支払い後のキャンセルは承れません。ご了承ください。
※フィールド講座で荒天中止となる場合は、前日までにメールにてご連絡いたします。
 開催中止となる場合、受講料は返金されます。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------

里山ユニット スタンダードワークス資材 価格改定のお知らせ

2019-10-25 (Fri)

里山ユニットおよびスタンダードワークス(緑化用フェンス、門扉、門柱、庭園灯、等)の価格を11月1日より改定いたします。

里山ユニットは、5×緑のスタート以来16年間にわたって価格を据え置いておりましたが、主要原材料の価格や輸送にかかるコストが上昇し、価格を見直さざるを得なくなりました。

合わせまして、スタンダードワークスとしてサイトにご案内しております緑化用の資材の価格も一部価格を改定いたします。
各商品の新価格につきましては、11月1日からサイトの価格表を改定いたしますので、そちらをご参照ください。
何卒諸事情をご賢察いただき、ご理解・ご協力賜りますようお願いいたします。

「遠野ふうけい会議」に賛同します。

2019-10-23 (Wed)

5×緑は、その土地の「らしさ」やその場所ならではの「風景」が大切だと考えてきました。
「在来種で街に緑を」というテーマも、地域らしさを取り戻していきたいという思いがあるからです。

街から時間や記憶が失われて、どこも似たり寄ったりの表情になってしまうことに寂しさを感じています。
均質で画一的な街の風景 ------ 気がつけば地方も同じようです。

私たちと縁浅からぬ遠野で、駅舎を壊す計画があると聞きました。

遠野の駅舎が誕生して70年。
時を経た駅舎には、落ち着きと品格があります。


遠野駅を巡るさまざまな論考を拝見して、この駅が戦後復興まもなくの物資のない時代に、知恵を絞り、新しい試みの構造を使って建設されたことを知りました。
当時の構造の建物はもう残っておらず、文化財に登録される価値のあるものであることも。


失ってしまえば二度と取り戻すことはできません。


私たちは、遠野の宝物のようなこの建物を守る活動に賛同します。


「遠野ふうけい会議」という活動体が誕生しました。
これからの遠野の風景を考えていこうとするフラットで開かれた場です。
駅を壊す/残す という対立の構造を超えて、未来の風景をポジティブに、明るく見すえようとする「会議」のみなさんに敬意を表します。


◾「遠野ふうけい会議」のサイト
https://www.tono-fukei.com/


◾遠野駅100年プロジェクトの賛同はこちら
https://bit.ly/35GrhPf


自然でも建物でも時間を蓄積した地域の資産が、安易に壊され、薄っぺらな景色に置き換わっていく状況は、ひとり遠野だけの問題ではありません。
だからこそ、この呼びかけが実ることを願っています。

田瀬理夫さんが出演されるNHKワールド「DESIGN TALKS Plus」2回目の放送日が決まりました!※英語版

2019-09-19 (Thu)

暮らしの中の緑の楽しみ方などがテーマのようです。
5x緑も少し紹介されます。

Eテレの日本語版放送日は未定です。
決まりしだいこちらでお知らせいたします。


■放送・配信: NHK WORLD
■番組名: DESIGN TALKS Plus "Greenery"
■放送日時〔日本時間〕: 2019年9月26日(木)

 9:30~ 9:58 / 15:30~15:58 / 22:30~22:58  
 
(※同じ内容の番組を各国の時差に対応するため、
6時間ごとに3回放送します。)

【視聴方法】
★インターネット視聴
日本国内の場合は、
インターネットのライブストリーミング配信からご覧いただけます。
"上記の放送時刻"に 
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/live/
のページにアクセスいただくと、再生が始まりライブ視聴できます。

★スマートフォン視聴
また、スマートフォンの「NHKWORLD」アプリを
ダウンロード(無料)いただければ同様にライブ視聴できます。
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/app/info/index_jp.html

■オンデマンド放送について
9月27日(金)以降は、オンデマンド放送となり
https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/tv/designtalksplus/  
の公式HPにて、時刻に関係なく繰り返し視聴できます。


01.jpg

ドングリ交流会 12th 11月3日(日)

2019-09-12 (Thu)

毎年恒例となった「ドングリ交流会」も12回目の開催になりました。

今回は、自分で作った太鼓で音を奏でます~♪

ドキドキワクワクな1日をよろこびの森で過ごしませんか!


日 時 : 平成30年11月3日(日) 午前10時00分から午後3時00分ごろ

場 所 : よろこびの森(栃木県那珂川郡那珂川町小砂3691 岡倉様隣接)      

参加費 : 小学生以上1人1000円

主 催 : 那珂川町林業振興会

協 賛 : NPO法人馬頭里山本舗


お申し込みは10月27日までに下記のアドレスまでご連絡ください。
rinnsinn214@yahoo.co.jp 


詳しくはチラシをご覧ください。
どんぐり交流会12チラシ.pdf

5×緑の学校『第3回 10/19(土)フィールドツアー「野川公園・深大寺」』は定員に達しました!

2019-08-30 (Fri)

山本紀久さんの造園植栽術 実践編!「第3回 10/19(土)フィールドツアー「野川公園・深大寺」にお申し込みいただきましてありがとうございます。
定員に達しましたため、締め切らせていただきます。

徳島、神山町「山あいのランドスケープ・デザイン会議」レポート

2019-08-27 (Tue)

8月25日、徳島、神山町で開かれた「山あいのランドスケープ・デザイン会議」で風土形成事務所の廣瀬俊介さんのお話を聞きました。

慶應大学SFCの石川初さんの研究室の3年間のフィールドワークまとめ展「神山ひとまわり」のナイト・イベントとして開かれたプログラムです。

会場は、神山町の中心を流れる鮎喰川のせせらぎが聞こえそうな神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス。

聞き手に、神山つなぐ公社の西村佳哲さん、石川初さん、田瀬理夫さんも交えて、廣瀬さんのお話が始まりました。

この夜のテーマは3つ。
1つ目は、東北の震災後に急速に進められた巨大な防潮堤建設の代替案を地域の人や様々な専門家の知見を集めてつくり、提案してきたお話。
(結局提案は受け入れられず、防潮堤は完成するのですが)
2つ目は、廣瀬さんが福島の早戸温泉地区で、町の人と協力して学生たちと取り組んでいる森の中に散歩道をつくる活動のお話。
そして3つ目に、廣瀬さんが考える「ランドスケープ・デザインの仕事とは」。

完成した巨大な防潮堤と、廣瀬さんたちがつくる早戸の散歩道と、彼と此との違いにクラクラしそうでしたが、石川さんはそれを「森の中の散歩道は見ていてホッとする、それは楽につくられているから。楽につくられたものは楽に修理もできる。
つまり、森の散歩道は現場で判断してつくられている。防潮堤は標準の仕様があって現場で判断しなくてもつくることができることを追求したもの」と鮮やかにまとめてくださいました。

廣瀬さんはランドスケープ・デザインの仕事を「生活者が主体となって風土をかたちづくることを支える技術」
「土地、地域と人の関係を結び直すところから始まるもの」
と語ります。

デザインというと、表に現れた形や色を思いがちですが、廣瀬さんのお仕事を見ていると、相手にしているのは水や風で、決して造形的ではないことを感じます。
もちろん、美しさもまた大切にされているのは間違いありませんが。

そうした在り方は田瀬さんにも通じるものがあるように思います。
田瀬さんも、理想は「landscape without landscape architect」とおっしゃることがあって、作為を廃し、あるべきものがあるようにある当たり前の風景をいつも考えているようにみえます。

廣瀬さんはご自分の事務所にノイバラを植えていらして、「(他所の土地に生えているのではなく)そこにあるものの良さを噛み締めるために植えた」とおっしゃっていました。

廣瀬さんが良く引用される詩の一節をご紹介します。

〝束の間の一瞬でさえも
 豊かな過去を持っている
 土曜日の前には自分の金曜日があり
 六月の前には自分の五月がある〟

〝この木はポプラ、何十年も前に根を生やした 
 この川はラバ川、流れはじめたのは 今日や昨日のことではない〟

ヴィスワヴァ・シンボルスカ『終わりと始まり』沼野充義訳

石川初さんが会の終わりに「わたしの金曜日と鮎喰川が初めて流れた日をどうつなげるか、ということかもしれない」とおっしゃった言葉が心に残りました。

3年間のフィールドワークの成果を集めた展示も見応えがありました。
私は個人的にFAB-Gのことがとてもきになっているのだけれど、そのお話はまた今度。


神山01.jpg
イベントの様子

神山02.jpg
会場の神山バレーサテライトオフィスコンプレックス

ページ先頭へ
カテゴリー別記事
過去の記事(月別)