5×緑の里山ユニット

5×緑の里山ユニットは、スペースの大小に関わらず
里山の多様な緑を身近に置いて楽しむことができるシリーズです。

「里山ユニット」は、里山の風景を写すことを基本に、日本在来の植物10〜25種類を組み合わせてつくられています。
特徴的な金網(ウェーブメッシュパネル)のプランターは、側面からも植物が育つように植えることができます。
個人の方も1ユニットからご購入いただけます。
土のない場所にも、いくつもの小さな里山の森がうまれることを願って、多様なサイズをご用意いたしました。

植え替えの必要はありません

里山ユニットにはアクアソイルという土を使っています。
軽量で保水性の高い土です。
原料は真珠岩で、無機質の土なので、時間が経っても土が痩せるなど組成が変わることはありません。
何年経ってもプランターの土として使えます。

水やりが心配な方には自動潅水装置も

里山ユニットの植物たちに元気に育ってもらうポイントは水やりです。
その地域の気候風土に合った里山の植物は、特別の手入れを必要としませんが、乾燥した都会では、水だけは人があげる必要があります。
毎日の水やりは必要ではありませんが、それでも水やりが心配な方、出張の多い方、数が多くて水やりが大変な方の中には、市販の自動潅水装置を利用されている方もいます。
潅水についてご心配な方はご相談ください。

日本の在来植物を未来世代につないでいけるよう、
在来種の植物だけを植えています。

里山の植物にのせて、昔ながらの季節の楽しみをお届けしたいーそれが5×緑のテーマです。
そのために、日本の在来の植物を一つのユニットにいく種類も植えて、四季のうつろいを感じていただけるようにつくっています。
その地域にあった植物は、特別な手入れを必要としませんし、多様な植物が共生することで、虫の異常発生を抑えたりすることができます。
もちろん、虫がこないということではなく、色々な虫たちが草花を訪れます。

メンテナンスのご相談も承ります

里山ユニットをご購入いただいた方には、「お手入れの仕方」をまとめたシートをお渡ししています。
里山ユニットの中の植物は、大きくなりすぎると根とのバランスが悪くなるので、1年〜2年に一度くらいは剪定が必要です。
手入れの方法に迷った時はご相談ください。
規模が大きいなどお客様では手入れが難しい場合は、メンテナンス作業をお受けすることもできます。

ご購入はこちらから
里山ユニット 一覧

里山ユニット 一覧

「里山ユニット」は、里山の風景を写すことを基本に、在来の植物10~25種類を組み合わせてつくられています。
側面にもツル植物を施した緑のプランターに植えられています。

詳細へ
ベランダ森化計画(ベランダ スタンダード モデル)

ベランダ森化計画
(ベランダ スタンダード モデル)

集合住宅の標準的なベランダのサイズに合わせて、里山ユニットを組み合わせたスタンダードモデルをつくりました。
植栽済みの里山ユニットを置くだけで、ベランダに「里山ガーデン」をつくることができます。

詳細へ
里山ユニット四季の楽しみ

里山ユニット四季の楽しみ

里山ユニットの楽しみは、何といっても季節の移ろいを身近に感じられること。
気がつかないうちに、緑はどんどん広がって、花芽をつけ、蕾がふくらみ、花を咲かせます。

詳細へ
里山ユニットお手入れの方法

里山ユニットお手入れの方法

5×緑のシステムは、高度な管理を必要としませんが、植物は生き物です。
様子を見て萎れたり、乾燥したりする兆候がみられた場合、すぐに水遣りなどの手当てを行うことが大切です。

詳細へ