ページ本文へ
5×緑ホーム5×緑 News > 2019年8月

2019年8月の記事

5×緑の学校『第3回 10/19(土)フィールドツアー「野川公園・深大寺」』は定員に達しました!

2019-08-30 (Fri)

山本紀久さんの造園植栽術 実践編!「第3回 10/19(土)フィールドツアー「野川公園・深大寺」にお申し込みいただきましてありがとうございます。
定員に達しましたため、締め切らせていただきます。

徳島、神山町「山あいのランドスケープ・デザイン会議」レポート

2019-08-27 (Tue)

8月25日、徳島、神山町で開かれた「山あいのランドスケープ・デザイン会議」で風土形成事務所の廣瀬俊介さんのお話を聞きました。

慶應大学SFCの石川初さんの研究室の3年間のフィールドワークまとめ展「神山ひとまわり」のナイト・イベントとして開かれたプログラムです。

会場は、神山町の中心を流れる鮎喰川のせせらぎが聞こえそうな神山バレー・サテライトオフィス・コンプレックス。

聞き手に、神山つなぐ公社の西村佳哲さん、石川初さん、田瀬理夫さんも交えて、廣瀬さんのお話が始まりました。

この夜のテーマは3つ。
1つ目は、東北の震災後に急速に進められた巨大な防潮堤建設の代替案を地域の人や様々な専門家の知見を集めてつくり、提案してきたお話。
(結局提案は受け入れられず、防潮堤は完成するのですが)
2つ目は、廣瀬さんが福島の早戸温泉地区で、町の人と協力して学生たちと取り組んでいる森の中に散歩道をつくる活動のお話。
そして3つ目に、廣瀬さんが考える「ランドスケープ・デザインの仕事とは」。

完成した巨大な防潮堤と、廣瀬さんたちがつくる早戸の散歩道と、彼と此との違いにクラクラしそうでしたが、石川さんはそれを「森の中の散歩道は見ていてホッとする、それは楽につくられているから。楽につくられたものは楽に修理もできる。
つまり、森の散歩道は現場で判断してつくられている。防潮堤は標準の仕様があって現場で判断しなくてもつくることができることを追求したもの」と鮮やかにまとめてくださいました。

廣瀬さんはランドスケープ・デザインの仕事を「生活者が主体となって風土をかたちづくることを支える技術」
「土地、地域と人の関係を結び直すところから始まるもの」
と語ります。

デザインというと、表に現れた形や色を思いがちですが、廣瀬さんのお仕事を見ていると、相手にしているのは水や風で、決して造形的ではないことを感じます。
もちろん、美しさもまた大切にされているのは間違いありませんが。

そうした在り方は田瀬さんにも通じるものがあるように思います。
田瀬さんも、理想は「landscape without landscape architect」とおっしゃることがあって、作為を廃し、あるべきものがあるようにある当たり前の風景をいつも考えているようにみえます。

廣瀬さんはご自分の事務所にノイバラを植えていらして、「(他所の土地に生えているのではなく)そこにあるものの良さを噛み締めるために植えた」とおっしゃっていました。

廣瀬さんが良く引用される詩の一節をご紹介します。

〝束の間の一瞬でさえも
 豊かな過去を持っている
 土曜日の前には自分の金曜日があり
 六月の前には自分の五月がある〟

〝この木はポプラ、何十年も前に根を生やした 
 この川はラバ川、流れはじめたのは 今日や昨日のことではない〟

ヴィスワヴァ・シンボルスカ『終わりと始まり』沼野充義訳

石川初さんが会の終わりに「わたしの金曜日と鮎喰川が初めて流れた日をどうつなげるか、ということかもしれない」とおっしゃった言葉が心に残りました。

3年間のフィールドワークの成果を集めた展示も見応えがありました。
私は個人的にFAB-Gのことがとてもきになっているのだけれど、そのお話はまた今度。


神山01.jpg
イベントの様子

神山02.jpg
会場の神山バレーサテライトオフィスコンプレックス

夏季休業のお知らせ

2019-08-06 (Tue)

5×緑は8月10日(土)~8月18日(日)まで夏季休業となります。

期間中にいただいたお問合わせやご注文につきましては、8月19日以降、
順次対応させていただきます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。


5×緑 スタッフ一同

夏の選択除草のお知らせ 開講日8月17日(土)※造園CPD認定プログラム

2019-08-05 (Mon)

お待たせいたしました。7月27日の代替日時が決まりました!

AGFフィールド(味スタ西競技場)「みどりの広場」の夏の選択除草が、
8月17日(土)に開かれます。(主催プランタゴ / オフ キャンパス)

「みどりの広場」には、今では稀少な武蔵野の野の花がたくさん植えられており、
それらを残しながら外来種を中心に除草します。

講師は植物調査の専門家、荒井浩司さんです。

時より吹く風で葉っぱが触れ合うサラサラした音が清涼を感じます。
大きい木の下での選択除草となります。
ご自分のペースで休み休み作業をなさってください。


※詳しくはこちらをご覧ください。
OFF CAMPUS 49回20190817.pdf


参加ご希望の方は「選択除草参加希望」として、以下をご記載の上、
メール(event@5baimidori.com)でお知らせください。

・お名前
・所属
・メールアドレス
・電話番号


IMG_6331.JPG

ランドスケープ関係の方 注目! 神山町でのフィールドワーク展 8/21-25 4夜連続イベントも

2019-08-05 (Mon)

徳島の神山町でフィールドワークを続けている慶應大学SFC石川研究室の、3年間の活動をまとめた展示会が開かれます。


bb1a62daf7794be51e2d3a09377399a5-960x621.bmp


神山町は、人口5300人の中山間地。光ファイバー網を整備したことをきっかけに、IT企業のサテライトオフィスが進出するようになり、地域活性化の成功例として注目を集めています。


そんな注目の地域での活動の成果をまとめた展示です。
学生たちによる「フィールドガイドツアー」やゲストを迎えてのナイトイベントなど。
旅行客ではなかなか入れない神山の姿や人を知ることのできる滅多にない機会です。

なかでもランドスケープデザインに関わる方、地域性に基づく環境計画に関心のある方必見なのは8/24「山あいのランドスケープ・デザイン会議」。
「風土形成事務所」廣瀬俊介さんがゲスト。
田瀬理夫さんも聞き手として参加します。


詳しくはこちらをご覧ください。

◾︎SFC石川研展「神山ひとまわり」4夜連続イベントの話(まとめ記事)
https://www.in-kamiyama.jp/diary/41025/

◾︎神山つなぐ公社 西村佳哲さんツィート
https://twitter.com/lwnish/status/1156771965132103681


5×緑は、神山町が「まちを将来世代につなぐプロジェクト」として手がけているのが大埜地の町営住宅に土留めや庭園灯、門柱などランドスケープ・デザインのための資材を提供しています。
https://www.5baimidori.com/worksnow/2019/001103.html

カテゴリー別記事
過去の記事(月別)