ページ本文へ
5×緑ホーム5×緑 News > 2013年7月

2013年7月の記事

在来植物を残す「選択除草」 2013

2013-07-18 (Thu)

東京都のスポーツ施設、武蔵野の森スポーツ競技場の中の味の素スタジアム・西競技場に隣接した「みどりの広場」には、今では稀少な日本在来の草花がたくさん植えられています。

 

けれども甲州街道沿いの市街地でもあるこの場所には、外来の、いわゆる帰化植物が大変な勢いで入ってきます。

除草作業は機械的に草を刈ればよいわけではなく、在来の植物は残し、帰化植物は除く丁寧な作業が必要になります。また、在来と帰化を区別できる知識も必要です。

 

このため、昨年からボランティアが参加しての「選択除草」プログラムが行われています。

 

629日に行われた「選択除草」には、講師として植物調査の専門家である荒井浩司さんが参加。荒井さんから除草対象の帰化植物について説明を聞き、参加者全員で広場の草取りに励みました。

 

季節はちょうど野の花の咲く季節。

傍らに咲くカワラナデシコやキキョウの愛らしさが暑さを忘れさせてくれます。

来年もたくさん花を咲かせてくれますように。

 

 

講師の荒井さんから、除去する帰化植物について説明を受ける

 

P6292579 (1280x960) (1024x768).jpg

 

P6292587 (1280x960) (1024x768).jpgのサムネール画像

 

P6292582 (1280x960) (1024x768).jpg

 

 

植物を見分けながら慎重に除草

 

P6292606 (1280x960) (1024x768).jpgのサムネール画像

 

 

お昼は草取りしたばかりの広場に座って

 

P6292615 (1280x960) (1024x768).jpg

 

 

大切に守られた野の花たち   今年も花を咲かせてくれました

 

P6292619 (1280x960) (1024x768).jpg

 

 

バイオネストも草でもりもり。最後はこんな感じに

 

P6292650 (1280x960).jpg

 

バイオネストについて

https://www.5baimidori.com/news/201302-post-70.html

 

武蔵野の森の野の花が見ごろです

2013-07-04 (Thu)

キキョウ、カワラナデシコ、オミナエシ、ホタルブクロ、オカトラノオ、ミソハギ。。。

 

今では稀少になってしまいましたが、かつては武蔵野を彩ったであろう草花たちです。

 

調布市の武蔵野の森スポーツ競技場、味の素スタジアム・西競技場の「みどりの広場」には、こうした懐かしい植物が植えられています。

花は、今が見ごろ。

 

季節を感じに、日本在来の草花を観察に、訪れてみてはいかがでしょう。

 

野の花 (1024x768).jpg

 

キキョウ (1024x768).jpg

 

P6292622 (1280x960).jpg

 

 

カテゴリー別記事