ページ本文へ
5×緑ホーム恵比寿日和 > 二十四節季便り『穀雨』...

恵比寿日和

二十四節季便り『穀雨』

2019-11-13 (Wed)

初候

 第十六侯「葦の芽、伸び始める」

 合羽坂テラスのアゼターフを植え付けたユニット。
 力強い緑が伸びてきました。

 57503591_2109196535865202_4461805987807887360_n.jpg


次候

 第十七候「霜止み苗が育ち始める」

 新芽が眩しい季節ですが、なかでも生き生きしたモミジが目を引きました。

 58384674_2116736015111254_331278356618149888_n.jpg

 58591301_2116736031777919_2082396815948251136_n.jpg


末候

 第十八候 「牡丹華(ぼたんはなさく)」

 この時期の紅葉を見ると「含羞」という言葉を思い出します。
 はにかみを含んだ青年のような初々しさを、微笑ましく思うのです。

 夏は鮮やかな緑が眩しいほどなのに不思議ですが、
 秋の燃えるような赤を秘めていることを若葉に滲む朱が告げています。

 57306125_2109957685789087_6979039509144928256_n.jpg

ページ先頭へ
カテゴリー別記事
  • カテゴリー1
  • カテゴリー2
  • カテゴリー3
過去の記事(月別)