ページ本文へ
5×緑ホーム恵比寿日和 > 二十四節季便り『立春』...

恵比寿日和

二十四節季便り『立春』

2019-04-17 (Wed)

初侯

 第一候「東風(こち)、氷を解く」

 立春。
 春を伝えてくれるコブシの蕾も嬉しそうにみえます。

 第一候.jpg


次侯

 第ニ候「うぐいす鳴く」

 寒波がきていますね。
 それでもフキノトウが芽を出しました。
 周りの若葉の緑も鮮やかで、ここはもう春ですね。

 第ニ候.jpg


末候

 第三候 「魚上氷(うおこおりをいずる)」

 のあとの寒さを春寒(はるさむ)と言い、
 春先になって寒さが戻り水辺にまた張った氷を薄氷(うすらい)と言うそうです。
 春が行ったり来たりしながら次第に暖かくなってゆきますが、
 それにしても今年は寒暖差が極端な気がします。
 魚たちが温んだ川の氷から姿を見せる候。

 合羽坂のオフィスの庭では、余寒に耐えて白梅が一輪だけほころんでいました。

 梅一輪 一輪ほどの暖かさ 服部嵐雪

 第三候.jpg

ページ先頭へ
カテゴリー別記事
  • カテゴリー1
  • カテゴリー2
  • カテゴリー3
過去の記事(月別)