ページ本文へ
5×緑ホーム恵比寿日和 > 2年日の春...

恵比寿日和

2年日の春

2013-03-11 (Mon)

春一番が襲来し、東京も一足跳びに春めいてきました。

 

庭の山茱萸の花もほんの10日ほど前までは固い蕾のままでしたのに、知らぬ間に梢に黄色の花が付き、この週末の暖かさで一気に満開になりました。

 

楚々とした目立たない花ですが、小さな花が早春の光を浴びて木全体にキラキラと輝く姿から、「春小黄金花」という美しい異名を持っています。

 

山茱萸の足元にはいつものようにクリスマスローズ。

花のように見える部分は実は萼(がく)なんですね。

日本には明治のはじめに渡来したそうですが、渋味のある独特の色合いが染付けや焼き締めの日本の花器によく合うような気がします。

 

311日。

あの日も、山茱萸が、クリスマスローズが、こうして密やかに春を告げていました。

2年が過ぎ、気がつけばあの時と同じように、揺るぎなく確かに春が鼓動しはじめています。

ブログ印_MIY.jpg 

 

 

P3072049 (1280x960).jpgのサムネール画像  

 

P3072051 (1280x960).jpg   

P3072053 (960x1280).jpg  P3072052 (960x1280).jpgのサムネール画像  

ページ先頭へ
カテゴリー別記事
  • カテゴリー1
  • カテゴリー2
  • カテゴリー3
過去の記事(月別)