ページ本文へ
5×緑ホーム里山とのつながり活動レポート&里山便り > 2010年10月

活動レポート&里山便り(2010年10月)

里山活動レポート: 馬頭

生物多様性とちぎシンポジウム報告 (2010年10月20日)

去る10月11日に宇都宮市東市民活動センターにおいて
「生物多様性とちぎシンポジウム」が開催され、
里山ネットワークの佐藤昭二さんがパネリストとして参加されました。

101020_tochigi_1.jpg


佐藤さんは「これからの里山の活用法について」というテーマで、
5×緑と連携した里山での活動について、
昨年5×緑が作成したDVDや活動状況の写真を用いて発表しました。

DVDの内容は、神奈川県の高校生達が5×緑のユニットの製作体験をしてから
栃木県那珂川町の里山に出掛けて、地元の高校生達と一緒に草刈り体験などをして、
農家民泊して、さらに神奈川の学校に戻ってから感想を話し合うというものです。

102020_tochigi_2.jpg


・このDVDがものすごい反響でした!
・パネリストの一人は「観ていて涙が出そうになりました!」と感動していました。
・また他のパネリストやシンポジウムの参加者から「是非このDVDを購入したい」
という声も寄せられました。

また、活動状況の写真では、里山の植物を活用して作った5×緑ユニットや
5×緑へ植物を提供するための管理活動、地元の子供達に関心を持ってもらうための
ドングリポットづくりなどが紹介されました。

102020_tochigi_3.jpg

・実際にドングリキューブを持って活動内容を解説

発表の中では、とりわけ都市緑化と連動した里山の管理活動の推進ということが、
これまでに例のない画期的な取り組みとして関心が持たれ、
他のパネリストからも「興味深い取り組み」として様々な質問がありました。

102020_tochigi_4.jpg


パネルディスカッションの最後も5×緑が取り上げられ、
「面白い取り組みが進められている」として締めくくられました。

佐藤さん、本当にお疲れ様でした。

101020_tochigi_5.jpg

・里山ユニットやドングリキューブ、森のクラフトの作品達も会場を演出しました。
・シンポジウム終了後はたくさんの人達が撮影していました。


(レポート: 矢澤光一)





2010-10-20 (Wed)