ページ本文へ
5×緑ホーム5×緑 News > 「第22回森林と市民を結ぶ全国の集い 2...

5×緑 News

「第22回森林と市民を結ぶ全国の集い 2018」分科会

2018-06-18 (Mon)

「第22回森林と市民を結ぶ全国の集い 2018 in東京」の今回のテーマは「変わりはじめた 山・ひと・街」。
6月16、17日の2日間開かれ、2日目は「癒す」「暮らす」「活かす」「育む」の4つの分科会が開かれました。

「癒す」の分科会では「都市住民が求める森の居心地を探る」をテーマに、北海道大学の上田裕文准教授が樹木葬について、赤坂溜池クリニックの降矢英成院長が森林療法について、YADOKARI(株)のウエスギセイタ代表がタイニーハウス/トレーラーハウス について、最新の事例や世界の動向など含めてお話しくださいました。

森林というと林業の問題と思いがちですが、それだけではない新しい森の価値について視野の広がる内容でした。
「森林と市民を結ぶ」という「集い」の趣旨に照らしても、多様な森の価値を拓く分科会の構成でした。

会の進行も温かく参加者同士の繋がりを育てる運営に感謝します。

image1s.jpg

ページ先頭へ
カテゴリー別記事
過去の記事(月別)