ページ本文へ
5×緑ホーム5×緑の緑化 > メンテナンス

メンテナンス

 

5×緑のシステムは、制約の多い都市空間の緑化のために開発されました。
植栽の基盤をつくる土には、保水性の高い人工土壌(アクアソイル)を使用しています。
このため、十分な土量があれば、ほぼ雨水のみで灌水を賄えます。
施肥は、基本的に必要ありません。
土壌は、黒土のように劣化しません。
土壌に有機分を含まないため、植物はゆっくり成長します。
このため、頻度の高い剪定は必要としません。
土の中に雑草の種が混じっていないので、雑草も生えにくいといえます。

 

5×緑のシステムは、高度な管理を必要としませんが、植物は生き物です。
従ってメンテナンスが不要ということはありません。
様子を見て萎れたり、乾燥したりする兆候がみられた場合、すぐに水遣りなどの手当てを行うことが大切です。

 

 

施工の場合

緑化ユニットの場合

「アゼターフ」の場合

 


 

施工の場合

 

十分な土の量があることが多いので、施工後1~2年経過して植物が根付いた後は、雨水中心の灌水が可能です。
但し、1週間以上、雨が降らないか、降っても降雨量が少ない場合は、水遣りが必要です。
施工の場合は、規模や環境に応じて、現場ごとにメンテナンスシートをお渡ししますので、必ずそれに従ってください。

 

適切に管理された側面植栽の状態

 

ページトップ

 


緑化ユニットの場合

 

緑化ユニットは、施工に比べて土の量が少ないために、人為的な水水遣りが必要です。
環境にもよりますが、1週間に1度、環境によっては、2~3日に1度の灌水が必要となります。
定番サイズの「里山ユニット」をご購入いただいたお客様には、以下の内容を含むメンテナンスカードをお渡ししています。


5×緑 里山ユニット お手入れの方法

お届けした里山ユニットの植物たちは、みんな生きています。だから、本当は置かれた環境で手入れの仕方も違ってきます。
こちらの説明はひとつの目安とお考えください。
はじめはわからなくても、そばに置いて一緒に過ごすうちに、だんだん植物たちの様子に気づくようになるハズ・・・。
「ちょっと乾いてるナ」「しおれかけているかも」「少し元気がないナ」そんな風に感じたら、早めに手当てをしてあげてください。
植物たちの自然のリズムにそった手入れが一番効果があります。

 

水やり

・1週間に1~2回程度、たっぷりとお水をあげてください。
下から水が出てきても、全体に水がゆき渡るように、時間をかけてゆっくり与えてください。

・夏、晴天が続いたり、風で乾燥しやすいベランダなどに置いた場合は、植物の様子を見ながら、2日に1回、あるいは毎日水をあげてください。

・冬は、落葉するので、水やりを忘れがちです。冬も水やりを忘れないようにしましょう。

   

剪定

里山ユニットは肥料分の少ない軽量土壌で植物をゆっくり育てています。
それでも、少しずつ樹木は生長していくので、必要にあわせて剪定することで良い木の形や大きさを維持することができます。
里山ユニットには里山の樹木を中心に植えていますので、基本的には自然な樹形を維持してくことが大事です。
自然な樹形を維持するためのポイントは、枝の元から先まで少しずつ細くなっていくようにすることです。
枝の途中でブツッと切ってしまうとゴツゴツとした樹形になってしまいます。
自然な柔らかい樹形にするためには、伸びすぎた枝を付け根から抜き取る「枝抜き剪定」を基本として下さい。

   

下刈り

木の根元に植えてある草は枯れているものを抜き取ったり、伸びすぎたものをカットするなどしてお手入れください。
下刈りをする場合は11月頃5cmくらい残して刈り取ってください。

   

施肥

基本的に、肥料は必要ありませんが、植物の様子を見て、元気がない(春~秋の葉が緑の時期に赤や黄に変色しているなど)ときは、油カスなどの肥料を少量まいてください。
また、ユニットの側面に植栽してあるテイカカズラは、肥料切れの状態で寒さにあたると、葉の色が変わってしまうことがあります。
心配な場合は、秋の終わり頃テイカカズラのために少量肥料をあげてください。

   

室内に置く場合

水は外でたっぷりとあげて、水が切れたらトレイに戻してください。時々外に出して光や風に当ててあげると元気になります。

   

※ご注意

なるべく殺虫剤を使わず、自然の中で育てた草木なので、虫がいる場合があります。
虫が出て困る場合は、手でとるか500~1000倍に薄めた木酢液をまいてみてください。
*木酢液は、葉が若葉の間は使わないようにしてください。

 

ページトップ

 

 

「アゼターフ」の場合

 

草刈

定期的な草刈は、野草の優劣を抑制しますので、導入した野草の種類を長く維持するためには、草刈は必須の作業です。
東京都内では、5月下旬と11月の年2回の草刈をお勧めします。
5月下旬の草刈:比較的花が少ない時期の草刈です。刈り取り後、2~3週間で、景観的に問題がない状態にまで野草は成長します。
11月の草刈:枯れ草が野火により延焼するのを防止します。

   

潅水

特に、乾燥しやすい春や梅雨明け後の夏場は、まめな潅水が必要です。
また、乾燥しやすい人工地盤の場合は、自動潅水設備が必要となります。
万が一水不足で萎れたら、すぐに刈ってください。処置が早ければ、野草は復旧します。

   

施肥

施肥は原則として必要がありません。

   

病虫害防除

生態系を重視して、生物との共生をテーマとしています。
したがって、農薬の使用は極力避けたいものです。
野草一般の傾向として、天候によっては、ヨトウムシやアブラムシなどが発生して、葉食される可能性があります。これらを駆除する場合には、害虫発生後早期に補殺するか、生態系に負荷の少ない木酢液などの使用をお勧めします。

   

除草

つる性植物や異常繁殖する帰化植物などの外来種は、導入した野草の生育を阻害したり、駆逐する可能性があるので、除草してください。
ポイントは、小さいうちに早めに除草することです。

 

標準年間作業スケジュール

    作業内容

    2月

    3月

    4月

    5月

    6月

    7月

    8月

    9月

    10月

    11月

    草刈

     

     

     

     

     

     

     

     

    除草

     

     

     

     

     

     

     

    施肥

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    薬剤散布

     

     

     

     

     

     

     

    △は必要時のみ

     

ページトップ