ページ本文へ
5×緑ホーム > 5×緑 News

5×緑 News 一覧

里山行/那珂川町林業振興会の仕事

2017-06-14 (Wed)

林床管理の応援をしている栃木の馬頭の森に通い始めて10年目になります。
馬頭のご縁で那珂川町林業振興会に加えていただき、
毎年彼らの主催する里山イベントに参加してきました。
イベントの会場になっている「よろこびの森」は、人の背丈ほどもあった藪を刈り払って、
今では子どもたちが虫を追える森になりました。

IMG_0815s.jpg

ガマで覆われていた池にも手を入れ、ヒツジグサや希少なタヌキモが蘇りました。
10種を越すトンボも飛来するそうです。

IMG_0718s.jpg

水田も再生しましたが、この春雨が少なく下の田んぼのために、
今年は田植えを取りやめたそうです。

IMG_0724s.jpg

毎年、山の人たちの趣向を凝らしたイベントの企画やご飯が楽しみ。
楽器持参の方もいて、初夏の緑にのんびりとウクレレの音が溶け込んでいきました。

IMG_0727s.jpg

IMG_0740ss.jpg

5×緑の学校 「田瀬さん、西村さんと過ごす遠野ツアー」定員に達しました

2017-06-06 (Tue)

5×緑の学校 「田瀬さん、西村さんと過ごす遠野ツアー」に
お申し込みいただきましてありがとうございます。
定員に達しましたため、締め切らせていただきます。

5×緑の学校 「田瀬さん、西村さんと過ごす遠野ツアー」残り3名 6月23日-25日

2017-05-26 (Fri)

話し手 : 田瀬理夫さん(ランドスケープデザイナー) 
      西村佳哲さん(プランニング・ディレクター)


田瀬さんのインタビューをまとめた西村さんの著書「ひとの居場所をつくる」(筑摩書房)
出版から3年。
本の舞台のひとつにもなった岩手県遠野のクイーンズメドウ・カントリーハウスに滞在します。
ゆったりとした時間と空間の中で、お二人の対談をじっくりと聞き、対話します。

11.JPG

■主なプログラム

・田瀬理夫さんと西村佳哲さん 対談
 ――「ひとの居場所をつくる」出版から3年
・「三田屋オフキャンパス」見学
 4月8に建築家の安宅研太郎さんにお話しいただいた「三田屋」を見に行きます。
 かつて最も大きな商家のひとつであった旧呉服屋「三田屋」を大学生や遠野の高校生、
 地元行政職員が協働して保存と活用に取り組んでいます。
・荒川高原 馬とランチボックス
 馬の放牧されている荒川高原で馬と遊び、車座になって話したり、ランチをしたり。
 遠野らしい風景と時間をみんなで楽しみましょう。
・早池峰神楽
 神楽衆を招いて、舞を披露してもらいます。
 遠野の人と風土に触れてください。

遠野ツアー00.jpg

◎ツアー参加費 お1人 63,000円 
  2泊、食事、アクティビティ共
  ※遠野までの往復の交通費は含みません。
定員 13名 
  ※詳しい旅程につきましては、以下にお問い合わせください。
  event@5baimidori.com

★西村さんからひと言

こんにちは、西村佳哲です。
『ひとの居場所をつくる』(筑摩書房 2013)が出版されて、間もなく、田瀬さんを始めとする「ノース」のメンバーは、事業のあり方の抜本的な見直しに着手しました。

その結果もともと「泊まれるんだか泊まれないんだかいまひとつわからない」謎めいた存在感を示していたクイーンズメドウ・カントリーハウス(QMCH)は、
宿泊事業を一時的に休止して、より一層訪れにくい場所に。

僕も訪ねる機会をつくれず残念に思っていたのですが、いよいよその季節が終了!
こうしてワークショップを、しかも田瀬さんと現地で開催できることになり、雪解けを迎えた気分です。春が来ました。

ぜひご一緒して、いまの遠野、いまのクイーンズメドウ、いまの馬、木立や畑や山々、そして最新最前線の田瀬理夫さんとすごす時間を、わかちあいたいと思います。
遠野でお会いしましょう。

森を祝う「みんなの夏至祭」2017 6月17日(土)

2017-05-25 (Thu)

夏至の日に森を想う――。
「東京・私の森.jp」さんの開く「みんなの夏至祭」が5×緑のある新宿合羽坂テラスで開かれます。
会場中を森から届けられた葉や枝で飾ります。
緑に包まれて空気まで清々しくなります。

朴葉寿司などおいしいお料理や飲み物、特別なコーヒー、木林文庫さんの本の朗読など。
初夏の一夜、みんなで森の恵みをお祝いしましょう!

詳しい情報とお申し込みはこちらから。
昨年の楽しい動画も見られます!

http://watashinomori.jp/news/2017/20170519_01.html

geshisai_02_160618-50s.jpg

初夏の選択除草のお知らせ 開講日6月3日(土)※造園CPD認定 プログラム

2017-05-17 (Wed)

味の素スタジアム・西競技場「みどりの広場」の初夏の選択除草が、
6月3日(土)に開かれます。(主催プランタゴ / オフ キャンパス)

◎造園CPD認定 プログラム
  【ID:4675】 2017-06-03
  「LANDSCAPE ARCHITECTUR OFF CAMPUS PROGRAM 創造的な植栽管理」
  【単位】5.0


「みどりの広場」には、今では稀少な武蔵野の野の花がたくさん植えられており、
それらを残しながら外来種だけを「選択的に」除草します。

講師は植物調査の専門家、荒井浩司さんです。

初夏ですが、木陰が多いので気持ちよく過ごしていただけると思います。
知らない草花の名前を覚えてみませんか。


詳しくはこちらをご覧ください。
OFF CAMPUS 36回20160604.pdf

参加ご希望の方は5×緑サイトのお問い合わせから「選択除草参加希望」として、
以下をご記載の上、メールでお知らせください。

・お名前
・所属
・メールアドレス

冬の選択除草、種撒きの様子

冬の選択除草、種撒きの様子

冬の除草s.jpg 除草

ウツギの種、ミソハギs.jpg ウツギとミソハギ

種撒きs.jpg 種撒き

世田谷トラスト「オープンガーデン」でミニ講座を開きます。

2017-05-17 (Wed)

世田谷トラスト「オープンガーデン」でミニ講座を開きます。

「羽根木1丁目の小さな森」は、
蝶のお好きなオーナーが生きものとの共生をテーマにつくったお庭で、
在来種が多数植えられています。

5月22日(月)、このお庭が「オープンガーデン」として公開されます。
5×緑はお招きを受け「里山とつながるお庭づくりのヒント」をテーマにミニ講座を開きます。

詳しくはこちらをご覧ください。
20170522.pdf

ドングリフェスタ2017

2017-05-16 (Tue)

よろこびの森で6月11日(日)にドングリフェスタ2017が行われます。

今回は『どろだんご』を作ります。
ツルツルピカピカのどろだんごに挑戦してみませんか!
おばちゃんたちのお手製のお料理やおやつも楽しみのひとつ~♪


日 時 : 平成29年6月11日(日) 午前10時00分から午後3時00分ごろ

場 所 : よろこびの森(栃木県那珂川郡那珂川町小砂3691 岡倉様隣接))
      (荒天時: 小砂コミュニティセンター)

参加費 : 小学生以上1人1000円

主 催 : 那珂川町林業振興会

協 賛 : NPO法人馬頭里山本舗


お申し込みは6月3日までにこちらへご連絡ください。
佐藤 mailto:rinnsinn214@yahoo.co.jp 


詳しくはチラシをご覧ください。
ドングリフェスタ2017.pdf  

5×緑の学校2017 講座のお申込みについて 再開しました!

2017-05-13 (Sat)

ご心配をおかけしました。

販売再開しましたのでよろしくお願いいたします。

                      2017年5月15日(月)ゴバイミドリ

ただいま「5×緑の学校2017」のPeatixの講座が全て販売終了と表示されていますが、

販売終了していない講座もありますので、表示が変わるまでお待ちください。

大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

                      2017年5月13日(土)ゴバイミドリ

ゴールデンウィーク期間の休業について

2017-04-10 (Mon)

5×緑は、ゴールデンウィーク期間中下記の通りお休みいたします。

4月29日(土)~5月7日(日)

よろしくお願い申し上げます。

5×緑の学校2017 第2回は「里山住宅博in神戸」の新しい試み 5月13日

2017-04-06 (Thu)

「5×緑の学校」で2015 年に行った「田瀬理夫のランドスケープ」は
1 セミナー で1 プロジェクトをとりあげ、
設計のデティールや考え方についてお話を聞く形をとりました。
今回はその住宅街区編ともいうべき講座です。

①s.jpg

「里山住宅博 in 神戸」は、
三田に近い北神戸に開発された 37 区画(第 1 期)の住宅開発。
2016年 4 月から 2017年 1 月まで住宅展示場として一般公開されていました。

斜面地に面して買い手の見つからなかったフリンジの場所を「里山」をテーマに、
地元の複数の工務店が共同で開発しました。

「里山」のコンセプトを実現するために、外構デザインを統一し、
地域の緑が家々をつなぐ街並みをつくりました。
コンクリートやカーポートの並ぶ「エクステリア」とは一線 を画す取り組みです。
斜面地は、「里山トラスト用地」として住む方たちの果樹園となり、
柿、栗、梅、枇杷、甘夏が植えられました。

田瀬さんはこの街の「緑のディレクター」として、デザインコードを決め、
各住戸の庭の設計の監修を行いました。
街並みづくりを支えたのは緑化のできるフェンスや門柱、
高低差を整理するための金網の土留めや階段です。

②③.jpg

「里山住宅博」のユニークなところは、デザインだけでなく
事業の仕組みも新しい試みにチャレンジしているところです。
たとえば斜面地の「里山トラスト用地」は居住者の共有持分です。
外構予算も「共有の財産」という考え方が反映されています。
事業の視点でこのプロジェクトを捉えていただくのも面白いと思います。

4月8日の講座は満席で、とても和やかな会となりました。
ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

田瀬さんの取り組んだ、神戸三田の街並みづくりも興味深いプロジェクトです。
新緑のテラスへぜひお出かけください。

お申し込みはこちら

*********************************************************************

■ 5×緑の学校 2017 概要
日 時:5月13日(土)14時から17時

お話は、14時から15時30分くらいまで。
その後、17時まで「放課後カフェ」を開きます。
お茶をご用意します。
よろしければ、思い思いにお好きなお菓子を少しお持ちください。

場 所:東京都新宿区市谷仲之町2-10 合羽坂テラス2号室

参加費:3,000円

定 員:33名

*********************************************************************

■ 講師 プロフィール

田瀬さんs.jpg

プランタゴ代表。造園家。1949年東京都生まれ'73年千葉大学園芸学部造園学科(都市計画・造園史専攻)卒業。'73~'77(株)富士植木勤務。'77年ワークショップ・プランタゴを開設。'77~'86年SUM建築研究所の一連の集合住宅計画に参加、'90年~(株)プランタゴ代表、'08年より農業生産法人ノース代表を兼務。
主な仕事:コートハウス国立、アクロス福岡、Biosの丘、地球のたまご、現代町家、味の素スタジアム西競技場、クイーンズ・メドウ・カントリーハウス馬付住宅プロジェクトなど。

5×緑の学校 2017」全講座の詳しい内容はこちらからご覧になれます。

★5×緑の学校2017_A4.pdf

お申し込みはこちら
ページ先頭へ
カテゴリー別記事