ページ本文へ

ナーセリー便り

馬頭琴の演奏会 (2013年10月17日)

里山ネットワークの佐藤さんの暮らす栃木県那珂川町(旧馬頭町)に
馬頭琴の演奏を聴きに行ってきました。
森の中の棚田が演奏会場です。
とても素敵な棚田でした。
馬頭琴はモンゴルの民族楽器で、馬の頭の彫り物が付いていることからこのように呼ばれているそうです。
「草原のチェロ」とも言われているそうです。

風が少し強かったのですが、風の音の中で聞く馬頭琴の音色も格別で、
目を閉じて聴いているとモンゴルの草原を駆ける馬の姿が浮かんでくるようでした。
(奏者:美炎さん)
因みに、馬頭琴の弦は2本で、現在はナイロン弦ですが、もともとは馬のしっぽだったそうです。

すっかり馬頭琴のファンになってしまいました。

RIMG2168s.jpg

RIMG2172s.jpg

RIMG2159s.jpg


2013-10-17 (Thu)

ページ先頭へ