ページ本文へ
5×緑ホーム5×緑 News > 2015年1月

2015年1月の記事

植物でカーテンウォールをつくる

2015-01-27 (Tue)

大宮のオフィスビルで、幅37m、高さ16mの緑のカーテンウォールをつくりました。

厚み250の緑の外壁がファーサードを飾っています。

この緑のカーテンウォールは、育苗場でツルを伸ばした緑化ユニットを3基ずつ縦に連結して1セットにし、建築の床スラブに取り付けて大きな壁面を形成しています。

固定や下地材が表に出ることなく、均質な緑の壁をつくることに成功しました。
同時に、居室側からは、緑を透過する柔らかな光が差し込み、良好な室内環境をつくりだしています。

このビルのカーテンウォールに求められるのと同等の耐震、耐風圧性能を満たしています。

11-a1.jpgのサムネール画像

D7__0125.JPGのサムネール画像

グリーン・カーテンウォールは高さ1800の事前育成した緑化ユニットを3基連結して、現場で取り付けています。
高さ1800は、プランター部に植えたツル植物が無理なく育つ寸法です。
こうすることで、階高約5500の緑化をムラなく均質に行うことができます。

また、表からも居室からも下地材や固定用の部材などが見えない形で収めることができています。



大宮緑化ユニット.jpg


床のスラブに固定するだけで、緑の外壁を構成しています。
室内へは緑を透過した光を導き、外からの視線を柔らかく遮ります。

層間変位、風圧の強度は、第三者機関で性能試験を実施して確認しました。

大宮断面.jpg

事前育成の様子。緑化ユニットのサイズはH1800。ツルの伸長力と階高から割り出したサイズです。

大宮Gカーテンウォール04.JPG

施工の様子。事前育成した緑化ユニットを3基連結して、スラブに固定しています。
P7054306.JPG

外だけでなく、中からも緑を楽しめます。建物は緑のヴェールをまとったようです。

D7__0158.JPG

金網1枚やワイヤーだけの緑とは、表情の異なる厚みのある植物の壁をつくります。

D7__9111s.jpg

冬の里山体験PART6

2015-01-14 (Wed)

2月7日(土)に馬頭の"よろこびの森"で冬の里山体験イベントが開催されます。

振興会のイベント時に受付でみなさんをお迎えするウサギさんをご存じでしょうか。
体長60㎝ほどのこのウサギさんは、雑木林の木を輪切りにしたり、斜めに切ったものを
使ってできています。

今回はよろこびの森の木を使っていろいろな動物作りに挑戦します。
イメージを膨らませて自分だけのオリジナルの動物をつくってみませんか?

厳しい寒さの中での作業の後は、温かいお昼ご飯!
カレーにおでん、郷土料理のしもつかれをご用意しますよー。

おやつは、藤田パティシエによる新作です! お楽しみに♪


日 時 : 平成27年2月7日(土) 午前10時~

場 所 : よろこびの森 (栃木県那珂川郡那珂川町小砂3691 岡倉様隣接)
      ※雨天時は、小砂コミュニティセンター(那珂川町小砂835 元那珂川町立北保育所隣)

主 催 : 那珂川町林業振興会    会長 小室和雄

協 賛 : NPO法人馬頭里山本舗   代表 藤田 清


お申し込みは1月31日までにこちらへ。
rinnsinn214@yahoo.co.jp 

詳しくはチラシをご覧ください。

2015_ 冬の里山体験PART6.pdf
カテゴリー別記事