ページ本文へ
5×緑ホーム5×緑 News > 2012年4月

2012年4月の記事

みどりの競技場

2012-04-05 (Thu)

スタジアムの外周を全て緑化土塁で形成した、東京都の「武蔵野の森総合スポーツ施設(仮称)」の陸上競技場が完成しました。

春まだ浅い季節なので、緑に包まれるのはまだ先ですが、植物が無事に育ってくれれば、やがて全体がつる植物の柔らかな緑で覆われてくることでしょう。

競技場を取り巻く緑化土塁(手前から奥へ3重構造)。
外周には高木が移植されて残された。
R0022622.JPG


R0022617.JPG



これまでの緑化は、壁面緑化や屋上緑化というカテゴリーで捉えられてきました。
ともすると「緑」は「意匠」として扱われる面がありました。
「武蔵野の森」の陸上競技場は、こうした従来の「緑化」の枠を超えて、建築の構造自体を「緑でつくる」先進的で、サスティナブルな試みであるといえます。

unit_B001_ss.jpgのサムネール画像


R0022583.JPG


平面図の赤色の部分が「緑の構造体」である緑化土塁

武蔵野の森パネル平面図s.jpg


武蔵野パネル断面図.jpg


スタンドの建築部にも緑がつながる

R0022713.JPG R0022715.JPG


芝生のスタンド

R0022598.JPG



植物で覆われたスタジアムは、呼吸し、成長し続ける建築であり、未来の建築を予感させます。
建築と緑、或いは都市の緑の新しい可能性が広がるプロジェクトです。

 

 

設計:日本設計
ランドスケープ:プランタゴ